ここから本文です

福岡堅樹、今季「最後」のトップリーグでダメ押しトライ ノーサイド直前、ボーナス点を巡る攻防が観客を沸かせる

1/21(火) 13:09配信

J SPORTS

のべ11万人を越えた開幕節に続き、1月18日、19日に開催された第2節ものべ10万人を突破。日本ラグビー最高峰ジャパンラグビートップリーグのすさまじい観客動員力は衰えない。2試合開催の会場で観客数の多い2試合目を抜き出しての計算でも、第1節=92,347人。第2節=84,605人である。ここまでは日本代表選手が多いチームの直接対決があったこともあり、今後この数字が続くかどうかは試合内容、観戦環境の快適さ、熾烈な順位争いが継続されるかどうかにかかってくる。入退場時をいかにスムーズにするか他、多くの課題があるが、試合内容は第2節も白熱した。

トップリーグ史上最多の観客数を記録したのは豊田スタジアムだ。日本代表NO8姫野和樹キャプテンが率いるトヨタ自動車ヴェルブリッツ、日本代表HO坂手淳史がキャプテンを務めるパナソニックワイルドナイツの対戦は、優勝候補同士とあって、観客は、37,050人。試合は序盤から白熱。前半2分、パナソニックは自陣からの攻撃で南アフリカ代表CTBダミアン・デアリエンディが先制トライ。トヨタは18分、昨季のトップリーグ新人賞を受賞したCTB岡田優輝がトライを返す。28分にはトヨタFBウィリ・ルルー(南アフリカ代表)が自らのパントを追いかけてトライ。前半は13-7とトヨタがリードする。

後半も接戦になったが、試合の流れを決定づけたのはパナソニックWTB福岡堅樹の個人技だった。31分には難しいパスをキャッチしながら驚異的な加速力でタックラーを1人、2人とかわして前進し、WTB竹山晃暉のトライに導き、37分には相手のパスミスをキャッチして、33-20と、突き放すトライをあげた。東京オリンピック出場を目指し、男子7人制日本代表スコッドに合流するため、今季のトップリーグはこれが最後。強烈なインパクトを残して次のステージへ向かった。最終スコアは、40-20。今後は福岡不在のパナソニックの戦いぶりも注目される。

1/3ページ

最終更新:1/21(火) 13:09
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ