ここから本文です

タマゴ愛あふれる“エッグマスター”による、絶品タマゴ料理 〈タマゴサンド編〉

1/21(火) 6:31配信

食べログマガジン

味わえば、まさに口福。絶品タマゴサンド

タマゴを愛してやまない料理人、“エッグマスター”にタマゴ料理への熱き思いを存分に語っていただく本連載。今回の主役のひと皿は「タマゴサンド」にクローズアップした。

ふわふわのパンと、濃厚なタマゴのハーモニー。タマゴサンドは、手軽に食べられて昔から万人に愛される、王道サンドイッチのひとつ。そんなタマゴサンドだが、昨今洋食店のオムレツや寿司屋さんの卵焼きなどをサンドしたものなど、バラエティ豊富なのも魅力的だ。

今回伺ったのは、老舗喫茶店「喫茶YOU」。銀座の名店を営む“エッグマスター”に、タマゴサンドにかける思いを語っていただいた。

創業当初から愛される、「喫茶 YOU」の「オムレツサンド」

東銀座・歌舞伎座の裏に店を構える喫茶店「喫茶 YOU」。老若男女問わず多くのお客さんが訪れる名店だ。創業四十数年の同店では、オムレツを挟んだ「オムレツサンド」をセレクト。「腕を磨いたベテランスタッフのみつくることが許されているメニューなんです」と教えてくれたのは店長の松嶌龍子さんだ。

「現在、キッチンスタッフは総勢7名。そのうち5名がオムレツサンドをつくることができます。オムレツサンドは焼き加減や混ぜ加減、空気のふくみ加減やひっくり返すタイミングなど、少しでも手順を間違えると仕上がりや風味が変わってしまう難しい料理。見習いのスタッフは、ベテランスタッフがつくったオムレツサンドと自分がつくったものを食べ比べ、勉強していきます」と、松嶌さん。

そんなオムレツサンドの誕生は創業当初まで遡る。歌舞伎座の役者さんが劇の合間に食べられるように、と先代が研究に研究を重ねてつくったのがその起源。ふんわりと軽く、滑らかな口当たりは、どこのタマゴサンドとも似て非なる存在だ。

使用するタマゴは1皿あたり2個。塩分控えめの自家製マヨネーズで味を付け、ふんわりと軽く仕上げている。お好みで塩をふりかけて、途中で“味変”するのもオススメなのだとか。ひと口食べると、どこかつるんとした喉越しと、タマゴのやさしい甘みが食欲を増進させてくれるひと皿。

1/4ページ

最終更新:1/21(火) 6:31
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事