ここから本文です

受動喫煙防止へ 事業者向けに説明会/富山

1/21(火) 20:46配信

チューリップテレビ

 望まない受動喫煙を防ごうと、今年4月から「改正健康増進法」が全面的に施行されます。
 学校や市役所などの公共の場だけでなく、ホテルや飲食店などでも原則禁煙となることから、21日、高岡市では、飲食店などの事業者向けに説明会が開かれました。

 県が開いた説明会には、企業や旅館、飲食店などの施設管理の担当者などが参加しました。
 改正健康増進法は、去年7月に一部施行されていてすでに、行政機関や学校、病院などの敷地内では、原則、禁煙となっています。
 さらに、今年4月からは、会社や旅館、飲食店なども原則、屋内では禁煙となります。
 21日の説明会で、参加者は、受動喫煙を防ぐための対策の進め方について説明を受けました。
 屋内での原則禁煙に戸惑う事業者も多い中で、説明会では、換気など一定の条件を満たせば、喫煙専用室を設置することで、屋内でも喫煙が可能であるなど、対策のポイントが説明されました。

 「一方的に全面禁煙といのも中々できないので、共存という形でどうしていくかというのが難しい課題」
 「また、こういった形でいろいろ勉強していきたい」(大手アルミメーカー)
 「(今は)施設内に喫煙所があります」
 「ですが、今後どうしていくこうかと思いまして、21日の話を聞いて屋外にしたらいいのかなど」(特別養護老人ホーム・施設長)

 県は、来月にかけて、県内3つの会場で、受動喫煙防止対策の説明会を開く予定です。

チューリップテレビ

最終更新:1/21(火) 20:46
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事