ここから本文です

新型コロナウイルスでマスクの買い占めが発生との情報。高値で転売に批判「感染で儲けるべきではない」

1/21(火) 18:05配信

ハフポスト日本版

中国・武漢市を発端に広がりを見せている新型コロナウイルスについて、中国の専門家チームがヒトからヒトへの感染を確認したと発表したことを受けて、現地のネットでは「マスクが売り切れて買えない」などの投稿が相次いでいる。

ネットの通販サイトでは、一部のマスクが通常より高値で出品されていて、現地メディアは「感染の広まりを利用して儲けるべきではない」と批判している。

フリマアプリで転売か

武漢市を発端に感染が広がりを見せている新型コロナウイルスについては、日本でも感染者が確認されたほか、中国でも武漢市や広東省などで患者が確認されている。

調査にあたっている専門家チームの鐘南山(しょう・なんざん)医師はこれまで「明確な証拠はない」とされていたヒトからヒトへの感染について、広東省の2例で確認されたほか、医療関係者への感染もあったと発表した。

中国では、1月25日の旧正月を前にした旅行や帰省などの大移動の真っ最中。感染の拡大が懸念されるなか、SNSのウェイボーでは「マスク」がトレンドワード入りするなど高い関心を集めた。

投稿には、レジにできた長蛇の列の写真とともに「全員マスクを買っている」と綴るもののほか「何店も回ったけど買えなかった」など窮状を訴えるものもあった。

SNSではアメリカの規格をクリアした「N95マスク」などが「高機能だ」などとされ、買い求める声が上がっている。こうした声の高まりを受けてか、通販サイト「タオバオ」やフリマアプリ「閑魚(シエンイー)」などでは一部のN95マスクが高値で出品されている。

これに対し現地メディア・中国青年報は「生命の健康と安全は短期的な利潤よりも重要で、感染を利用して儲けるべきではない」と批判。政府の関係部門が調査していると警告した。

また、専門家チームの鐘南山医師は、国営放送CCTVを通じて「N95マスクが売り切れたと聞いていますが、必ずしもN95である必要はなく、一般的なマスクでも予防に効果はあります」と呼びかけた。

高橋史弥(Fumiya Takahashi)

最終更新:1/21(火) 18:05
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ