ここから本文です

中日の大野雄大が早くも沖縄のキャンプ地入り 調整段階でも打者をねじ伏せる!!

1/21(火) 6:30配信

中日スポーツ

 中日の大野雄大投手(31)が20日、キャンプ序盤から全力で打者を抑えにいく姿勢を示した。常に全力投球で復活につなげた昨春を踏襲。この日はチームに先駆けて沖縄入りし、早くもキャンプモードに突入した。

【写真】3冠王と色紙に書いた中日・石川昂弥

 昨季は無安打無得点試合を達成し、最優秀防御率のタイトルも獲得。完全復活を遂げ、投手陣の柱に返り咲いた。それでも大野雄は姿勢を変えるつもりはない。キャンプを前にこう強調した。

 「調整は全力でいきます。僕はそんな器用なタイプではないし、余裕も慢心もない。開幕を照準としてやっていくけど、常に打者と対戦するときは抑えたい。シート打撃でも打たれれば悔しいし、実戦に入れば全力で抑えにいきます」

 今季は東京五輪の影響で開幕が1週間早まる。キャンプでは第1クールから実戦形式の練習に突入し、第2クールでは対外試合も始まる見込み。「第1クールから打者に投げられるようにしておく」。投げるからには結果を求めていく。

 この日はチーム本隊よりも約10日早く沖縄入り。田島、小熊、小笠原、そして同期入団のDeNA・武藤とともに約2時間半、北谷球場でキャッチボールやゴロ捕球をこなした。「こっちに来れば、いよいよキャンプモードになりますね。今のところ完全なオフは考えていないです。キャンプまでに2、3回はブルペンに入るつもりです」。大野雄の2020年シーズンに向け本格的に動き出した。

最終更新:1/21(火) 6:30
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ