ここから本文です

エヴラ「不快でしかない」...自身の経験からポグバにユナイテッド退団を勧める

1/21(火) 17:06配信

SPORT.es

パトリス・エヴラは、『Sky Sports』のインタビューで、ポール・ポグバにマンチェスター・ユナイテッドを去ることを勧めた。

エヴラ、因縁深いスアレスを称賛「殴りたかったが...ベストなFW」

「彼がプレーすれば、人々は彼を攻撃する。彼がプレーしないとき、人々は彼を攻撃する。これがクラブにとっての問題だ」と元マンチェスター・ユナイテッドのDFは説明した。

足首の負傷により手術を受けたポール・ポグバは、再びピッチから離れている。
ユヴェントスとフランス代表チームで彼と共に戦ったエヴラは、自身もポグバと同様の状況を経験したと語る。

「マルセイユでアマチュアチームと対戦(2017年11月対ヴィトーリア・ギマランエス戦で試合前に味方サポーターにキックを見舞い、レッドカード退場)した時のことだ。オーナーと監督が私のところに来て言った。“パトリス、我々はどうしたらいい?”。それから私はこう言った。“ここ(マルセイユ)を辞める”。私はクラブにネガティブな面を持ち込みたくなかった。今こそポールが去る時が来たのかもしれない」

以下の要因から、元フランス人SBは同胞MFがユナイテッドを去るべきだと考えている。
「リヴァプールとの素晴らしい試合(2-0●)が行われたが、いまだにモウリーニョとポグバについて話されている。世界最高の2クラブの試合後に、いちプレイヤーと監督が話題になるのは不快でしかない。だからこそポールはマンチェスターを去る時だと思う」とエヴラは結論付けた。

SPORT

最終更新:1/21(火) 17:06
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事