ここから本文です

柳沢慎吾 ウィル・スミスのパトカーパフォーマンスにツッコミ「手首の角度が違う」

1/21(火) 17:53配信

中日スポーツ

 タレントの柳沢慎吾(57)が21日、映画「バッドボーイズ」シリーズ最新作「バッドボーイズ フォー・ライフ」(31日公開)命がけの任務! 決死のPRイベントに登場した。
 
 米俳優ウィル・スミス、マーティン・ローレンス演じる刑事コンビの活躍を描く人気シリーズ第3弾。今作はマイアミ市警を舞台にこれまでにないアクション作品とあって、警察ネタ第一人者の柳沢はハイテンションで「POLICE」のボディアーマー姿で登場するや、「マイクを左右の肩につけるの41年の芸能生活で初めて。『よく動くから』だってさ」。
 
 イベントでは、スミスとローレンス本人が映像でサプライズ登場し、「シンゴッ! おれら3人でバッドボーイズ」と宣言。2人がそろって柳沢のパトカーの赤色灯のパフォーマンスをマネすると、柳沢は「世界に知れわたった。これはすごいこと。でも手首の角度が違う」とツッコミを入れた。
 
 続いて映画のカーチェイスやヘリの追跡シーンをいすや脚立を使って再現。息を切らし、汗まみれで“マシンガントーク”は続き、最後は「みなさん、今のリハーサルですから」と笑わせ、「あばよ!」で締めくくった。

【写真】「ミス日本」に江戸っ子の慶大生

最終更新:1/21(火) 17:53
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ