ここから本文です

台湾でも新型肺炎の感染者を初確認 55歳の女性

1/21(火) 19:44配信

AbemaTIMES

 「新型コロナウイルス」による肺炎で、新たに台湾でも1人の感染が確認された。

 台湾の当局は21日、緊急の記者会見を開き、台湾の55歳の女性が新型コロナウイルスによる肺炎に感染したと発表した。台湾で感染者が確認されたのは初めて。

【速報】新型肺炎 台湾で感染者 フィリピンでも疑い

 なお、フィリピンでも新型肺炎に感染した疑いのある例が報告されている。保険当局によると、感染の疑いが出たのは中国・武漢から12日にフィリピン・セブ島に到着した5歳の中国人の男の子で、現在は精密検査の結果を待つためセブ島の病院に入院。男の子は武漢にいる時から咳や発熱などの症状が出ていたということだ。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:1/21(火) 19:57
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ