ここから本文です

発達障害の子を持つ親は不幸?~我が子の発達障害を受け入れられるまで~

1/21(火) 18:45配信

LIMO

「指示が伝わらない」「癇癪やこだわりが強い」「集団行動が極端に取れない」など、注意欠陥多動性障害(ADHD)の息子には多くの個性的な特徴があります。

今でこそ発達障害への知識や理解があると言えるようになった筆者ですが、はじめから全てを受け入れられたわけではありません。

今回の記事では、発達障害の子どもを抱える母親として、自分自身の葛藤や夫婦間で起こった意見の相違などを赤裸々にお伝えしたいと思います。

「子どもに発達障害の可能性がある」「子どもが発達障害と診断され、どん底に突き落とされた気分でいる」などという方のために、筆者が我が子の診断を受け入れられるようになったきっかけについてもお話しさせてください。

「なぜ我が子が?」という気持ちが消えなかった1年間

息子がADHDと診断された前後1年ほどは「どうか発達障害でありませんように!」「小学校ではみんなと同じ通常学級に行って欲しい!」という気持ちが強くありました。

インターネットで発達障害の記事を読みあさったり、簡易的なチェック項目のテストなどに目を通したりする日々が続いていました。

お腹の中に命が宿ったときは「無事に大きくなって」と願い、出産が近づいてくると「五体満足で健康に」と思いが加わります。

そして、子どもが成長するにつれて「集団行動ができるように」「お行儀よく」「みんなと同じように」など、どんどんと欲が出ていく自分に気がつきました。

息子がADHDと診断されてからは、「どうやってこの子を育てていけばいいのだろう」と不安に駆られ、「将来の就職先がないのではないか」と案じる日も1日や2日ではありませんでした。

「なんでこの子が?」「神様、私何か悪いことしましたか?」なんて嘆く日も…。

息子の個性を受け入れられるようになった「きっかけ」

夫は比較的すぐに『発達障害か。じゃあ、それに合う支援をしっかりと受けていこう』という切り替えができる人でした。

一方の筆者は、「妊娠中の食生活がいけなかったのかな?」「お先真っ暗!」「そもそも、本当にADHDなの? 誤診の可能性は?」などと現実離れした考えばかりをしていました。

それもこれも、全ては「息子の発達障害が何かの間違いであってほしい」という気持ちからで、きっと無意識のうちに現実逃避をしていたのでしょう。

そんな私が息子の個性を受け入れられるようになったきっかけは、定期的に受診していた療育センターの医師や、地域の発達支援員、教育委員会の方たちの存在です。

それまでは「発達障害=マイナス」と捉えていましたが、さまざまな専門家からアドバイスを受けるたびに、「発達障害は珍しい障害ではない」ことに気づかされました。

「目の悪い子はメガネやコンタクトレンズを利用する」のと同じで、「発達障害の子は特別な支援を受ける」ことが普通のこと。

発達障害だからって自立できないわけではないし、環境を整えることで本人の才能だってしっかりと花開かせてあげることもできる。

多くの発達障害の子どもを見守ってきた専門医や支援員の方々から直に聴くお話は、筆者にとってまさに「希望の光」でした。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 20:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ