ここから本文です

ダボスは、中央集権化の弊害に目を覚ます必要がある:CoinDeskチーフコンテンツオフィサー【世界経済フォーラム】

1/21(火) 6:00配信

CoinDesk Japan

ダボスのエリートが見落としている問題

世界経済フォーラム(WEF)のために、スイスのダボスに世界で最も影響力があると自称する人々が集う。彼らの頭に浮かんでいる一連の問題は予想通りのものだ。WEFが公表したばかりの「グローバル・リスク報告書2020年版」によると、気候変動、政治の両極化、貿易における緊張、サイバー攻撃が懸念事項の上位を占めている。

これらは深刻な問題だ。しかし、仮想通貨やブロックチェーン技術が推し進める分散化の考え方で見てみると、重要な問題が見過ごされていると結論づけることは難しくない。そして議論されていない問題にこそ、真に重要なものが潜んでいる。

インターネットによる仲介業者の排除、分断化、分散型の影響は、21世紀の政治・経済構造をそれ以前のものとは大きく変えた。しかし、政府や企業の動かしているベビーブーマー世代はまだ、中央集権型のマネーと権力に関する20世紀的な前提を当てはめようとする傾向がある。彼らは、我々の時代遅れの政治・経済制度が新しい現実とずれてしまっていること、そして、そうした制度がますます信頼を失っているわけを理解できずにいる。またこれは、仮想通貨、ブロックチェーン、デジタルID技術を構築している開発者たちが静かに生み出しつつある代替的な分散型モデルを認識し、ましてや理解できないことが多い、先見の明の欠如を表している。

1週間にわたってダボス会議の様子を報じるにあたり、「ダボスに集うエリートたち」が見落としているかもしれない問題のいくつかを考えてみたい。

こうした問題に最も影響を受けるのは、カクテルを楽しむエリートではなく、普通の人たちであることは忘れてはならない。2020年は、過去数十年で最も対立的なアメリカ大統領選挙の年になるかもしれない。論争好きな我々のリーダーがこれらの重要なテーマに注力していないとすれば、我々は4年後にはどうなっているのだろうか? 投票の際にはこうした問題を考える必要がある。

1/4ページ

最終更新:1/21(火) 8:05
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ