ここから本文です

女子団体、県岐阜商が全国切符 全国高校選抜バド東海地区予選会

1/21(火) 11:01配信

岐阜新聞Web

 バドミントンの第48回全国高校選抜大会東海地区予選会は豊橋市総合体育館で行われ、女子団体の県岐阜商と男子ダブルスの柳瀬柊羽、石山稀陽組(県岐阜商)が全国選抜(3月25~29日・鹿児島市など)切符を手にした。

 女子団体の県岐阜商は、愛知を除いた3県代表のリーグ戦で暁(三重)に3-1で勝利。星陵(静岡)には0-3で敗れたが、2位に入った。男子団体の県岐阜商は、2連敗で3位に終わり、全国切符を逃した。

 男子ダブルスの柳瀬、石山組は、1回戦を2-0で快勝。準決勝は1-2で落としたが、3位決定戦を2-1で競り勝ち、全国出場を決めた。女子ダブルスの小川咲亜弥、島崎妃奈乃組(県岐阜商)は全国切符の懸かった3位決定戦で敗れた。

岐阜新聞社

最終更新:1/21(火) 11:01
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事