ここから本文です

シーホース三河と三遠ネオフェニックスの“愛知ダービー”、三河は連勝キープで勝率5割を目指したい

1/21(火) 17:02配信

バスケットボールキング

■シーホース三河vs三遠ネオフェニックス(@ウィングアリーナ刈谷)
1月22日19時5分

 リーグ戦6連勝と本領を発揮し始めていたシーホース三河。前節は中地区2位争いの直接対決となる富山グラウジーズ戦を2点差で制し、7連勝でついに2位に浮上してチャンピオンシップ進出圏内に顔を出した。“借金”はまだ5つあるが、この勢いで勝率5割を目指し、地区2位の足場を固めたい。いずれも愛知ダービーとなる今節と次節の3試合で、最低でも2勝しておきたいところだ。

 前節の三河は前半の12点リードを第3クォーターに追いつかれる嫌な展開だったが、第4クォーターは両者譲らぬ接戦の中で残り7秒の金丸晃輔のフリースロー2本が決勝点となった。新戦力のクリス・ジョンソンがシュート力を武器に18得点を挙げ、森川正明は10分に満たない出場時間で4本のシュートをすべて決めて11得点と勝利に大きく貢献。川村卓也の9アシストも特筆すべき数字だ。

 三河と今節相対する三遠ネオフェニックスは、主力が離脱した川崎ブレイブサンダースの隙を突くことができず、10点差で黒星。第1クォーターが25-10とこの上ない立ち上がりだったが、第3クォーターに大量32失点。オフェンス面ではヴィアチェスラフ・クラフツォフと西川貴之以外がインパクトを残せず、ファウルが込んでフリースローでの失点がかさんだのも痛かった。今季3勝目を挙げてから5連敗となったが、好調の三河を止めることができれば自信になるはずだ。

 今季初対決の第11節はロースコアの展開になり、三遠は5点差で惜しくも敗戦。三河の得点力が下がっていた時期であり、三遠にとっては勝つチャンスが十分にある内容でもあった。その後三河は得点力を回復させており、ディフェンスでの踏ん張りは当然ながら必要になるが、オフェンス面で特に日本人選手の奮起も求められる。高校日本一の座についた福岡第一高校のエースガード河村勇輝が特別指定選手として加わることが決まり、その存在が他の選手にも良い刺激となることを期待したい。

文=吉川哲彦

■ロースター
・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
會田圭佑
川村卓也
岡田侑大
長野誠史
森川正明
熊谷航
金丸晃輔
根來新之助
セドリック・シモンズ
クリス・ジョンソン
加藤寿一
桜木ジェイアール
ダバンテ・ガードナー

・三遠(ヘッドコーチ:河内修斗)
ロバート・ドジャー
デビン・イーバンクス※インジュアリーリスト
寺園脩斗
川嶋勇人
北原秀明
太田敦也
柳川龍之介
岡田慎吾
ダシルバヒサシ
西川貴之
鈴木達也
菅野翔太
ミッケル・グラッドネス
ヴィアチェスラフ・クラフツォフ

BASKETBALL KING

最終更新:1/21(火) 17:02
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事