ここから本文です

役者がそろった大阪エヴェッサ、Bリーグ4年目で初の地区首位ターンを目指す

1/21(火) 18:28配信

バスケットボールキング

■大阪エヴェッサvs滋賀レイクスターズ(@おおきにアリーナ舞州)
1月22日19時5分

 大阪エヴェッサが再び西地区首位に立った。前節の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦は、第1クォーターで12得点止まりだったものの、ディフェンスでも12失点。そのディフェンスを維持しつつ、オフェンスでは第2・第3クォーターで計58得点。第4クォーターに緩みが出て31失点を喫したが勝敗には影響せず、15点差での快勝となった。前々節のリチャード・ヘンドリックスに続き、前節は合田怜も2カ月ぶりに戦列復帰を果たし、シーズンの折り返し地点となる30試合目の今節を前に役者は出そろった。とはいえ、地区首位ターンはBリーグ4シーズン目で初。立ちはだかる他チームからの圧力が強まるという点で、ここからはチームにとって未知の世界となる。

 その待ったをかけたいチームの1つが、大阪同様に初のチャンピオンシップ進出を狙う滋賀レイクスターズ。前節はリーグ戦で3連敗していた琉球ゴールデンキングスに挑み、第1クォーターで9点を先行されたところからギアを上げ、90得点で琉球を地区首位の座から引きずり下ろした。ヘンリー・ウォーカーは2ポイントを11中1本しか外さず25得点、ジェフ・エアーズは4本の3ポイントをすべて決めて20得点。ケガの状態が懸念された齋藤拓実も17得点7アシストと琉球をかく乱したほか、中村功平が体調不良で欠場した髙橋耕陽の穴を埋めたのもチームにとっては大きな収穫だった。

 滋賀は2節連続で同地区首位と激突することになったが、琉球に土をつけた自信を胸に、上位を脅かしてさらなる浮上を目論むチャンスととらえているだろう。第11節の今季初対決で大阪を57得点に抑えこんで勝利していることは、ますます自信を持って臨める要素だ。その試合では、シェーファーアヴィ幸樹が無得点ながらオフェンス5本を含む8リバウンドを奪っている点に注目。特にそのオフェンスリバウンドで、大阪が得意とする速攻の機会を減らすことが勝利への近道となるはずだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
今野翔太
伊藤達哉
藤髙宗一郎
カイル・バローン
リチャード・ヘンドリックス
長谷川智也
中村浩陸※特別指定
橋本拓哉
合田怜
小阪彰久
今村拓夢※特別指定
畠山俊樹
アイラ・ブラウン
ショーン・オマラ※インジュアリ-リスト
ジョシュ・ハレルソン

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
齋藤拓実
狩俣昌也
シェーファーアヴィ幸樹
佐藤卓磨
ヘンリー・ウォーカー
中村功平
谷口光貴
ジェフ・エアーズ
高橋耕陽
荒尾岳
狩野祐介
クレイグ・ブラッキンズ
伊藤大司
前田怜緒※特別指定

BASKETBALL KING

最終更新:1/21(火) 18:29
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ