ここから本文です

ただ今、Yahoo!ニュース 個人が表示されにくい不具合が発生しております。復旧まで今しばらくお待ちください。

【みゆはん インタビュー】人と関わることが増えて、自分の中で大きな変化があった

1/21(火) 12:02配信

OKMusic

リリースごとに楽曲の幅を広げ、新たな才能を次々と開花させているみゆはん。待望のニューアルバム『ぷ。』は、数多くの楽曲提供を受けることで悩み、感じた“自分は誰だ!?”という想いをリアルに綴った「ゲシュタルト崩壊」で幕を開ける。そんな今のリアルな心境をじっくりと語ってもらった。

みゆはん インタビューのその他の写真

誰かのために歌ったり、誰かの代わりに歌った曲ばかり

──ニューアルバム『ぷ。』も前作の2ndアルバム『闇鍋』に引き続きかなりの幅の広さで驚きました!

あはは。全体的に自分ではない、誰かのために歌ったり、誰かの代わりに歌った曲ばかりなので、自分の中でも初めての挑戦が多くてすごく難しかったんです。歌うことも、どう感情を込めたらいいかなどと、いろいろ考えながら歌ったので、よりレコーディングに時間がかかりました。

──1stアルバム『ひきこもり情報弱者』の頃は、本当に内相的なものが多かったですよね。それがより多くの人と関わったことで明らかに開いていっている感覚を前作の時に感じたので、それが極端に開いたのが今作なのかなと。

そうかもしれないですね。『闇鍋』の時から楽曲提供をしていただいて、人と関わることが増えたんです。そこから自分の中で大きな変化があって、今回はその人とのつながりをテーマに作ったんですね。それが1曲目の「ゲシュタルト崩壊」につながっていて。

──そこにつながるって、なかなかないですよね…。

そうですよね(笑)。でも、いろんなジャンルの曲に触れることで、そこまで自分に振り幅がないのに、このままでいいのかなって思ったんです。そのリアルな心情が描かれているんですよ。

──いただいた曲に対して自分が追い付いていないという想いが強かった?

はい。自分で言うのも恥ずかしいんですが、アルバムを完成させるごとに歌唱力も表現力もちゃんと上がってきている気がするから、自分以外の方が作ってくれた楽曲を歌うことは本当に勉強になっているので本当にありがたいと思っています。

──そういう気持ちを踏まえて「ゲシュタルト崩壊」を聴くと、すごく深い曲ですよね。

自分でも“いったい私は誰なんだ!?”とすごく悩むことがあるんです。今の年齢になったとしても、いろんなことが不安だし…。歌うことだったり、歌うジャンルに関しても“このままでいいのか、それともガラッと変えたほうがいいのか”と今でもすごく悩むんです。そんな、一番言いたいことがこの曲に描かれています。まだまだ自分では答えに辿り着けてはいないんですけど。

──その答えのない歌詞は共感を呼ぶと思いますよ。そんな考えさせられる曲と一緒に「キスは無理」がすごく印象的でした。みゆはんちゃんの素顔とはまったく違うタイプの曲ですよね。

はい(笑)。この曲はラストに収録される「エチュード」を書いてくださっているTHE BACK HORNの菅波栄純さんに提供していただきました。やはり男性だからか、男性が思う女性像が描かれているんですよね。それって想像であって、やっぱりリアルではないんですよ。なので、どうしたらこの曲の主人公の本心をリアルに歌うことができるのかを考えながら歌ったので、すごく難しかったです。

──対する「綺麗になったよ」はすごくリアルでした。

これは私のファンのために歌った曲なんです。私のファン同士が付き合うことって、実はすごく多くて。で、それをTwitterで教えてくれるんですよ。あるカップルからも報告を受けていたので応援していたんですが、つい先日、その子たちがお別れをしてしまったという報告を受けたんですね。そこで具体的にお話を聞いていたら、この曲が生まれたんです。ずっと応援をしてくれていた子たちだったから、単純に何かしてあげたかったんですよ。この曲は彼女側の気持ちなんですが、9曲目の「一年半の僕ら」は彼氏の気持ちをヒアリングしてできた曲になります。

──すごい! そんなことができるんですね!?

どちらも私のファンでいてくれていたので、DMで詳細を教えてもらって、この2曲が生まれました。ふたりとも本当にいい子だったから、付き合った時も私自身、すごく嬉しくて。なので、別れた時に“応援してくれていたのにごめんなさい”って謝られてしまって…。それがすごく悲しくて。

──不思議な関係ですよね。でも、そうやって曲が生まれていくのもみゆはんちゃんの人柄があるからだろうし。

そうだと嬉しいですね。ちゃんと許可をもらっているので、ふたりにも聴いてもらえたら嬉しいですね。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 12:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事