ここから本文です

【みゆはん インタビュー】人と関わることが増えて、自分の中で大きな変化があった

1/21(火) 12:02配信

OKMusic

真面目な曲ばかりやってきたので、思い切りふざけた曲を歌いと思った

──そんなラブソングと一緒に『けものフレンズ2』のナミチスイコウモリのキャラクターソングである「蝙蝠晩餐会」も収録されいて。

自分が演じたキャラクターだったから、どういうふうな曲にするかって考えるのが楽しくて。最初にこの曲を作る時、ナミチスイコウモリって本当にいる動物だったので、どんな生物か調べたんです。そこで得た習慣などを歌詞に入れ込んで作り上げました。

──前作に収録されていた「イーブイマーチ」もそうですが、何かのキャラクターのために曲を作るって難しそうですけど、楽しそうですね。

楽しいですね。最近はアイドル育成ゲーム『アイドルマスター』にはまっているんで、いつかそのゲームのアイドルプロデュースみたいなこともしてみたいです。

──すごい…。さらに幅が広がっちゃう!

どんどん広げていきたいですね。こうなったら!

──あはは。今作には『クレヨンしんちゃん』のシロが主役のウェブアニメ『SUPER SHIRO』の主題歌「SUPER SHIRO」も収録されていますしね。

もともと『クレヨンしんちゃん』が大好きで観ていたので、好きな作品に関われるのはすごく嬉しかったと同時に、かなりのプレッシャーを感じていて。「イーブイマーチ」の時に感じていた感覚がまた再び蘇ってきて悩みました。

──でも、好きなことがちゃんと自分に引き寄せられて叶っていくというのはアーティスト冥利に尽きますよね。そして、「貴重なタンパク源です」。ものすごい勢いを感じたんですが、いったい何があったんですか!?

“いったいどうしたんだ!?”ってなりますよね(笑)。今まで真面目な曲ばかりやってきたので、たまには思い切りふざけた曲を全力で歌いと思って作ったんです。実はこの曲、生まれる予定ではなかったんです。ものすごく切ない曲を書きたくてこもっていた時があったんですけど、まったく出てこなくて、その休憩中にYouTubeで『ディスカバリーチャンネル』のサバイバル動画を観ていたら感銘を受けてしまったんです。で、切ない曲ではなく、“今はこの曲を書こう!”と思って作りました(笑)。

──すごい爆発力があるけど、それだけその動画に力があったわけですね。

そうですね。イントロはとにかく壮大なイメージで、“これは何かくるぞ!”と言うところから急にガクッて落ちる感じの、そんなおもちゃのような曲にしてほしいってアレンジャーの方に伝えて仕上げていきました。

──アレンジャーの方が見事にそのイメージを汲んでくれましたね。

はい。あとは、私的にはLINEスタンプになっている“すこぶる動くウサギ”のコラボソングとして書き下ろした「すこぶるウサギ」もお気に入りです。

──LINEスタンプとコラボって初めて聞いたんですが…。

私がこのスタンプが大好きなことから始まったんです。このうさぎがイベントなどで着ぐるみを着て激しく踊っているイメージがあったので、踊れる曲をイメージしてリズムカルな曲にしました。さらに、うさぎ用語も入れたんですよ。

──うさぎ用語?

うさぎを飼っている人たちの間である用語で、うさぎが構ってくれない時に足をドンドンやる“スタンピング”だったり、“うさぎの散歩”という意味の“う散歩”など用語を入れているので、楽しんでもらえたら嬉しいです。

──あと、気になって他のですが、これらの曲が詰め込まれたアルバムのタイトルが“ぷ。”という。これはどういう意味なのでしょうか?

もともとは“ゲシュタルト崩壊”で決定しようとしたんですが、この“ぷ”という文字、よく見ると人がボーリングしているようなかたちに見えてくるんですよ。

──はっ、確かに! まさにゲシュタルト崩壊!

そういう意味を込めて“ぷ”にしました。ジャケットも3パターンあるんですが、どれも“誰だ!?”ってなるような写真になっているんです。

──本当、みゆはんちゃんじゃないみたいですよね。

初めてプロのメイクさんにしてもらったので、新しい自分を引き出せた気がします。初回盤AとB、通常盤など特典も全部違うので、これは全部買ってもらいたいです!

──断言した(笑)。さて、最後に2020年の目標を教えてもらってもいいですか?

音楽的には自分がやっていて楽しいと思うこと、ファンのみなさんが喜んでくれることを優先していきたいです。プライベートでは今年はやりたいゲームソフトが5本くらいあるので、それをがっつりやりたいですね。

──ワンマンライヴも控えていますが。

今回はキッチンがテーマなので、会場で私が料理したものをお客さんに食べさせたいと思います。

──それは、何かの例え?

いえ、本当に作ったものを誰かに食べさせたいと思ってます。

──あはは! 楽しみにしています!

取材:吉田可奈

OKMusic編集部

2/2ページ

最終更新:1/21(火) 12:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ