ここから本文です

ハイテックGPがFIA-F2参戦を発表。2020年シーズンは全11チームでの戦いに

1/21(火) 12:45配信

オートスポーツweb

 1月20日、FIA-F2は2020年シーズンよりハイテックGPがシリーズに参戦することを発表した。これにより、2020年シーズンのF2には11チームが参戦することになる。

【写真】2020年はスーパーフォーミュラにフル参戦するユーリ・ビップス

 2002年にハイテック・レーシングとして誕生したこのチームは、2015年よりハイテックGPに名称が変わった。ハイテックGPはこれまでに複数のカテゴリーで様々な記録を残しており、2019年には、全日本スーパーフォーミュラ選手権にもスポット参戦を果たしたユーリ・ビップスら3名を擁してFIA-F3に参戦。4勝を挙げてチームランキング2位に輝いた。

 またFIA-F3アジア選手権においては、笹原右京がチャンピオン、チームメイトのジャック・ドゥーハンがドライバーズランキング2位という結果を残した。

 ハイテックGPは、3月1~3日にバーレーンで行われるプレシーズンテストでF2デビューを果たすことになる。現時点ではドライバーの発表はないが、カーナンバーは24と25を使用する。

 チームオーナーのオリバー・オークスは、次のようにFIA-F2の公式サイトへコメントを寄せた。

「ハイテックを信頼し、エントリーさせてくれたブルーノ(ミシェル/FIA-F2のCEO)に感謝したい。我々は新時代のF3において地位を確立してから、常にF2へのステップアップを熱望していた」

「2020年には18インチのタイヤが導入され、マシンのアップデートもいくつかあるので、2020年の終わりにF2へ参戦するよりも、今このシリーズに参戦する必要があった」

「このような時期に(シリーズに)加わるということは、少し課題に直面するということだ。しかし我々はチャレンジが好きだ。私はこのチームを信じているし、3月にバーレーンで行われる最初のレースを楽しみにしている」

■2020年FIA-F2 ドライバーラインアップ(1月21日時点)
No./Driver/Team
1/ショーン・ゲラエル/ダムス
2/ダニエル・ティクトゥム/ダムス
3/TBA/ユニ・ヴィルトゥオーシ
4/カラム・アイロット/ユニ・ヴィルトゥオーシ
5/マーカス・アームストロング/ARTグランプリ
6/TBA/ARTグランプリ
7/角田裕毅/カーリン
8/TBA/カーリン
9/TBA/カンポス・レーシング
10/TBA/カンポス・レーシング
11/ルイ・デレトラズ/チャロウズ・レーシング・システム
12/ペドロ・ピケ/チャロウズ・レーシング・システム
14/フェリペ・ドルゴヴィッチ/MPモータースポーツ
15/TBA/MPモータースポーツ
16/アーテム・マルケロフ/BWT HWAレースラボ
17/ジュリアーノ・アレジ/BWT HWAレースラボ
20/ミック・シューマッハー/プレマ・レーシング
21/ロバート・シュワルツマン/プレマ・レーシング
22/TBA/トライデント
23/TBA/トライデント
24/TBA/ハイテックGP
25/TBA/ハイテックGP


[オートスポーツweb ]

最終更新:1/21(火) 12:46
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事