ここから本文です

“半端ない”ストライカー・染野唯月が下した決断…将来・仲間のため「自分で決めた」メンバー外

1/21(火) 7:30配信

SOCCER KING

 第98回全国高校サッカー選手権は、全47試合の総入場者が33万6999人で最多記録を更新。大盛況の中で大会を終えた。これは予想を上回る数字と言って良いだろう。ともにU-17ワールドカップで活躍したFW西川潤(桐光学園 → セレッソ大阪)とFW若月大和(桐生一 → 湘南ベルマーレ ※海外移籍交渉中)が県予選で敗退。加えて、12月11日には、県予選を突破したFW染野唯月(尚志 → 鹿島アントラーズ)の全国大会欠場が発表されていたからだ。

【一覧】高校サッカー選手権からプロへ羽ばたく16人の選手たち

 染野は昨年度の選手権得点王(他2人)。3回戦の前橋育英戦、準々決勝の帝京長岡戦で2試合連続決勝ゴールを記録し、優勝校・青森山田との準決勝ではいずれもハイレベルな3ゴールでハットトリックを達成した。試合はPK戦で敗れたものの、染野は青森山田の選手以上にサッカーファンの心を掴んだ。同じく高校サッカー選手権で衝撃的な活躍をした日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)と比較され、 “大迫2世”、また彼の代名詞である“半端ない”は染野を表現する言葉にもなった。

全治3カ月のケガで選手権欠場を決断

 2019年はプレミアリーグEAST開幕戦で柏レイソルU-18相手にハットトリック。抜群の得点力に加え、“ヘリコプターヘッド”や右足FK、そしてパスセンスも備えた染野は日本高校選抜やU-18日本代表に選出され、国際大会で世界と対峙している。また、尚志ではインターハイ予選決勝で延長V弾を決め、夏明けのプレミアリーグEASTでゴールを連発。選手権予選決勝でも、バルセロナ五輪予選日本代表の仲村浩二監督を「アイツしかできないゴールだなと思います」と唸らせる左足ループ弾でチームを全国へ導いている。

 だが、この選手権予選決勝の翌日に腰椎分離症が判明。完治まで3か月というケガで染野は選手権欠場を決断する。痛みを抱えながらも選手権予選決勝ではそれを感じさせないようなプレーを披露。報道の通り「最低でも4週間の絶対安静」の期間は選手権にも及んだが、本人が希望すれば出場することもできたかもしれない。

 また、コーチ陣やチームメートは出場しなくても、登録メンバー30名に入ることを期待。だが、本人が将来のため、また自分が登録されるよりも3年生が1人登録されることを希望して「(メンバーから外れることを)自分の中で決めました」と発表した。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 7:30
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ