ここから本文です

公式戦200回目のビッグロンドン・ダービー! チェルシー対アーセナルについて、知っておきたい7つのこと

1/21(火) 17:30配信

SOCCER KING

 21日に行われるプレミアリーグ第24節では、4位チェルシーが10位アーセナルを本拠地スタンフォード・ブリッジに迎える。今夜の試合はチェルシーとアーセナルにとって、公式戦200回目のダービーマッチ。ロンドンを代表するクラブとして長年しのぎを削ってきた両雄よる記念すべき一戦を前に、知っておきたい7つのトピックを紹介する。

1. プレミアリーグでは互角

 両チームが初めて対戦したのは、今から113年前。1907年11月9日に行われたリーグ戦で顔を合わせ、ホームのチェルシーが2-1で勝利した。過去199試合の通算成績は、アーセナルが76勝58分け65敗でやや優勢。ただ、プレミアリーグに限れば、55回の対戦でアーセナルが20勝、チェルシーが19勝、引き分けが16回とほぼ互角の成績を残している。数々の熱戦を繰り広げてきた両チームだが、節目の一戦で勝利を挙げるべく、いつも以上に高いモチベーションで臨んでくることだろう。

2. 23日ぶりの再戦

 両者は昨年12月29日に対戦したばかり。同月20日にアーセナルの新指揮官に就任したミケル・アルテタ監督にとっては、本拠地エミレーツ・スタジアムでの初陣だった。この試合では、ピエール・エメリク・オーバメヤンの得点でアーセナルが先制するも、試合終盤にジョルジーニョとタミー・アブラハムにゴールを奪われ、逆転負け(1-2)。チェルシー相手にホームで2016年1月以来となる敗戦を喫した。なお今季のアーセナルは、リードした試合で13ポイントを落としているが、その半分以上にあたる7ポイントは、アルテタ監督就任以降の試合で落としたもの。前節シェフィールド・U戦でも、先制しながらドロー(1-1)に終わっており、最後まで粘り強く戦うことができるかどうかが問われる。

3. ランパード対アルテタ

 この試合では、監督対決も注目が集まる。アーセナルを率いるアルテタ監督(37歳)と、チェルシーのフランク・ランパード監督(41歳)は現在、プレミアリーグの指揮官の中で最も若い二人。選手時代にはピッチ上で何度も火花を散らしてきた間柄であり、現在指揮するクラブで“背番号8”を着けていたという共通点を持つ。ちなみに、現役時代の対戦成績(プレミア)は、アルテタ氏の3勝4分け2敗。ただ、監督として初対戦となった先月のゲームでは、ランパード氏に軍配が上がった。1カ月ぶりに迎える“第2ラウンド”では、どちらが勝利を飾ることになるだろうか。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 17:30
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事