ここから本文です

魚類養殖41年連続日本一 18年・県内生産量

1/21(火) 9:21配信

愛媛新聞ONLINE

 農林水産省が20日までにまとめた2018年漁業・養殖業生産統計(確報)によると、愛媛の魚類養殖生産量は前年とほぼ同じ5万8356トンで、41年連続で日本一となった。全国シェアは23.4%。養殖主力のマダイも3万4009トン(前年比2.2%減)で29年連続の日本一だった。
 全国の魚類養殖生産量は24万9491トン(0.8%増)。愛媛のブリ類は1万8747トン(0.8%増)で鹿児島、大分に続き3位、シマアジは2268トン(2.2%減)で18年連続全国トップだった。
 真珠は8003キロ(4.4%増)で全国シェアは38.9%。10年連続全国1位を維持した。魚類以外の貝類、海草類なども含む海面養殖業の県内生産量は6万2176トン(0.9%減)で17年と同じ7位。
 海面漁業は7万5487トン(5.3%減)で、順位を二つ下げ13位だった。17年は1位だったタチウオは835トン(22.5%減)、同じくクルマエビは68トン(1.5%減)で、それぞれ2位に後退した。タチウオの大幅減少について中国四国農政局は「瀬戸内の他県でも減っており、瀬戸内海にあまり回遊してこなかったのでは」とみている。

愛媛新聞社

最終更新:1/21(火) 9:21
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事