ここから本文です

6勝11分6敗のアーセナル、ラカゼットがチームメイトへの不満を吐露

1/21(火) 12:51配信

ゲキサカ

 アーセナルに所属するFWアレクサンドル・ラカゼットがチームメイトに対して「ナイーブすぎる」と批判している。英『ミラー』が伝えた。

 18日、アーセナルはプレミアリーグ第23節で昇格組シェフィールド・ユナイテッドとホームで対戦。前半45分にMFガブリエウ・マルティネッリが先制点を挙げたが、後半38分に同点を許して1-1で引き分けた。

 これでアーセナルは2試合連続で先制からのドロー決着。さらに今季ここまで6勝11分6敗と勝ち切れない試合が続いている。

 この試合に先発出場したラカゼットは「この試合は今シーズンの僕たちのパフォーマンスを要約している。勝てる試合だったのに、あと一歩届かなかった」と落胆。

 さらに「僕たちはとてもナイーブだ。もっと汚いプレーもする必要があるし、90~93分の間、コンスタントなプレーができるようにならなければならない。もっと互いに要求し合わないと。恥ずべきことだよ」とチームメイトへの不満を漏らした。

最終更新:1/21(火) 12:56
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ