ここから本文です

第一生命が少額保険に本格参入、若者向けに新たなデジタル完結型保険を提供

1/22(水) 8:00配信

MONEYzine

 第一生命は1月20日、少額短期保険分野への本格参入を目的として、2020年1月に準備会社の設立を予定していると発表した。準備会社の商号は「第一スマート株式会社」。来年度上半期の営業開始を目指して準備を進める。

 ミレニアル世代や将来の保障中核層として見込まれるZ世代(2000年~2010年の間に生まれ、インターネットが普及した環境で育った世代のこと)では、保険に求めるニーズが「必要な時に必要な分だけ」へと変化している。こうした変化に応えるため、同社は「CtoB(Consumer to Business)」の視点での商品提供を重視している。

 設立予定の少額短期保険会社では、同じ嗜好を持つコミュニティー等に所属する顧客に対して、コミュニティごとのフルオーダー型の柔軟な保険商品の提供を行っていくことを目指すほか、顧客の利便性向上のため、契約から請求までの手続きをデジタル完結で行う予定だ。

最終更新:1/22(水) 8:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事