ここから本文です

ティーボール楽しむ 県ソフトボール協会が体験会

1/22(水) 12:56配信

北日本新聞

 県ソフトボール協会は22日、魚津市本江のほんごうこども園(金屋栄子園長)で「ちびっこティーボール体験会」を開き、年中・年長児27人が楽しんだ。

 魚津市協会(種田龍紀会長)の山田貴司ジュニア委員長や市職員ら関係者11人が指導した。

 園児は、怪獣が描かれたパネルを持つ指導者2人を追い掛けながらボールを投げて体をほぐした後、ボールを打つ練習と投げる練習に取り組んだ。最後にミニゲームがあり、真剣な表情でボールを打ったり、手をつないだ指導者と走ってベースを回ったりした。

 参加園児に金メダルがプレゼントされ、園にティーボール用のバット2本とボール12個、ボールを載せるコーン2個が贈られた。

 日本協会が競技人口の拡大を目指す事業の一環。31日には同市吉島のかづみ認定こども園で行われる。

最終更新:1/22(水) 12:56
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事