ここから本文です

パット名人の鈴木愛 昨年1位が今季選ぶパターは新作か“ピンク”か

1/22(水) 11:38配信

ゴルフ情報ALBA.Net

昨年の国内女子ツアー賞金女王の鈴木愛が用具契約を結ぶPINGの新製品発表会に渋野日向子とともに出席。製品PRやデモンストレーションを行い、昨季の振り返りと今季について語った。

鈴木愛と渋野日向子が新作パターをレビュー【動画】

今季、鈴木が追う目標は東京五輪出場と2年連続の賞金女王。6月末の女子世界ランキングで15位以内に入れば出場が可能。たとえ16位以下となった場合でも、日本人2番手に入れば出場はかなう。そして、昨年の7勝に迫る活躍を見せれば、自ずと2年連続3回目の国内ツアー女王戴冠も遠くない目標だ。

現実的に追いかける目標のほかにも、鈴木が今季こだわるのがパッティングの向上だ。ツアーに本格参戦を開始した2014年以降のスタッツを見ると、パーオンホールでの平均パット数は14年の6位が最低で、その後の5年間で1位が3回。2位と3位が1回。18、19年は2年連続1位と、パット名人の名をほしいままにしている。

昨シーズンは頂点に立ったものの、自身の中では不満が残る1年だった。「内容が今まででいちばん悪くて、パターがシーズンを通して悪かった。今年は1年通していいパッティングをしたい」。周囲から見れば誰もがうらやむような安定感を誇るパッティングが、実は不満の種だった。

19年シーズン後半は、ケガの影響もあり約1カ月間の休養を余儀なくされた。ここで気分が変わり、「自分に期待するレベルを下げた」ため、その後は余裕もあった。それが3週連続優勝という結果につながり、2度目の女王戴冠となったが、心の中に引っかかっていたのはパッティングに納得ができないことだった。

鈴木は昨年の8月、PINGのレディス向けピンクパター『G Le2エコー』を導入。「あそこまで大きいマレットを使ったのは初めてだった」。納得のいかないパッティングに光が差すようにと、思い切ってエースのピン型から変更。変更直後の試合で勝利し話題となり、シーズン終盤までほぼ使い続け、3連勝でも活躍した。

「元々はピン型が好きなんですけど」という鈴木が、苦肉の策で選んだレディスパターが賞金女王へと導いてくれたともいえるが、新シーズンを迎えて変化も出てきた。今回発表された新作の『へプラー』シリーズを手に取った鈴木は、「もしかしたら」と、今週末から始まる合宿でのテストによってはシーズン開幕からバッグインすることも示唆。それにはこんな理由もある。

「私はフェースに溝がないほうが好きなんです」。PINGのパターといえば、ここ何年もフェースに『TR溝』という加工が施されたものが多く、ミスヒット時の距離のばらつきを抑える効果が売りだ。その溝がないものを探していたというが、今回発表されたパターは溝が一切ない。「フェースにくっつくけど、しっかり弾いてくれる。『コン』という感じです。シャフトが黒くて見た目もかっこいいし光が反射しないのもいいですね」と絶賛。ニューエースになることも十分ありそうだ。

強気のタッチでカップをこじ開けてきた鈴木。「入るパターがいちばんですし、稼げるものがいい」という発言どおり、昨年はピンクパターで稼ぎまくった。日本ツアーのエースとして今季もさらなる飛躍が期待される鈴木。開幕時、果たして何を握るのか。

(撮影:鈴木健夫)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:1/22(水) 11:42
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事