ここから本文です

高い動作性能を持つ水平多関節型スカラロボット、小型部品の組み立てや搬送用途で

1/22(水) 7:05配信

MONOist

 安川電機は2019年12月18日、水平多関節型スカラロボット「MOTOMAN-SG400」「MOTOMAN-SG650」を発売した。

 標準サイクルタイムは、SG400が0.32秒、SG650が0.29秒(水平300mm、垂直25mm、2kg負荷の往復動作をした場合)。高い動作性能により、高速なサイクルタイムが求められる小型部品の組み立てや搬送、仕分け、検査などに適している。可搬質量と最大リーチは、SG400が3kg、400mm、SG650が6kg、650mmだ。

 同社は、自動化や可視化を通じて生産現場の生産性を向上し、止まらないラインを目指すソリューションコンセプト「i3-Mechatronics」を提唱している。SG400およびSG650と、垂直多関節型の小型ロボット「GP」シリーズ、「MotoMINI」、人協働ロボット「HC」シリーズなどを組み合わせることで、一般産業分野での多様化するニーズに応えつつ、i3-Mechatronicsの提案力を強化していく。

MONOist

最終更新:1/22(水) 7:05
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ