ここから本文です

【東海S】アングライフェン進化の8歳 衰え全くなし!M・デムーロで初タイ獲る

1/22(水) 6:00配信

デイリースポーツ

 「東海S・G2」(26日、京都)

 明け8歳馬でも侮るなかれ。奥手のステイゴールド産駒らしく、いまだ進化を続ける古豪アングライフェン。昨年の当レースは6着に敗れたが、その後は7戦連続で掲示板を確保と堅実ぶりが光っている。今回は久々にM・デムーロとのコンビ再結成。陣営も待望のタイトル奪取へ向け、執念を燃やしている。

 年が明けて8歳を迎えても、アングライフェンは元気いっぱいだ。前走の名古屋グランプリは首差2着。安田隆師は「積極的でとてもいい競馬ができた。ゴール前は勝ったと思ったほどだった。全く衰えなど感じさせない。奥手のステイゴールド産駒らしいね」と古豪の奮闘ぶりに目を細める。

 16日の1週前追い切りは、栗東坂路で4F52秒7-37秒9-12秒5の好時計をマーク。「前走後は予定通り在厩で調整している。1週前の動きはなかなか良かったよ。引き続き好調をキープ。レースに安定感が出ているし、今回もこの馬の力は出せそう」と理想通りの仕上げを強調した。

 今回の鞍上は2度目の手綱となるM・デムーロ。昨年2月のアルデバランSでは見事にVへ導いている。1番人気で力強く抜け出したレース内容に、指揮官は「いいイメージで乗ってくれると思う。期待している」と全幅の信頼を置いている。

 フェブラリーSの前哨戦だけあって、昨年の覇者インティを筆頭に強力メンバーがズラリとそろった。それでも「京都コースはこの馬に合っているし、展開が向けば面白そう。インティ、スマハマなど先行馬が競る展開になれば」と気後れすることなく前を向く。待望の初タイトルをしっかりと視界に捉えている。

最終更新:1/22(水) 7:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ