ここから本文です

『X-MEN』パトリック・スチュワート、MCUでのプロフェッサーX再演はなし

1/22(水) 11:13配信

シネマトゥデイ

 ディズニーによるフォックス買収でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)合流が現実味を帯びた『X-MEN』シリーズについて、過去作でプロフェッサーXを演じたパトリック・スチュワートが、 Digital Spy で同キャラクターの再演を否定した。

『LOGAN/ローガン』での年老いたプロフェッサーX【画像】

 シリーズ1作目『X-メン』(2000)よりX-MENの指導者プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアを演じたパトリックは、『LOGAN/ローガン』(2017)をもって同役を卒業。「16年と228日」にわたって同一キャラクターを演じたことで、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンと共にギネス世界記録にも認定されている。

 そんなパトリックは数か月前、MCUを展開するマーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギと面会していたと同サイトに明かしており、『X-MEN』のMCU入りについて「私たちは長い話し合いをしたよ。チャールズ・エグゼビアに関することも含めて様々な動きや提案があった」とコメント。しかし、自身の出演については「もし『LOGAN/ローガン』が製作されていなければ、YESだった。チャールズ・エグゼビアとしてもう一度車いすに乗る準備をした。でも、『LOGAN/ローガン』が全てを変えたんだ」と否定している。

 パトリック曰く、2017年のベルリン国際映画祭で『LOGAN/ローガン』を観賞した際に、プロフェッサーX役との別れを決意していたという。パトリックは「ベルリン国際映画祭で作品がお披露目された時、とても感情的になってしまった。ヒュー(・ジャックマン)を見たら涙を浮かべていて……。私たちはストーリーに感動したし、演技にも心動かされたんだ。そして、私もヒューもキャラクターに別れを告げることを決めたんだ」と当時を振り返っている。

 ケヴィンとパトリックの面会によって、『X-MEN』のMCU合流計画が着実に進んでいることがうかがえる。パトリックと同じく、ウルヴァリン役のヒューも「ウルヴァリンなら帰ってくるさ。僕じゃない他の誰かが演じると思うよ」とPEOPLE.comで再演を否定しており、MCUでは新たな俳優が起用されることになりそうだ。(編集部・倉本拓弥)

最終更新:1/22(水) 11:13
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事