ここから本文です

オリックス自動車と北九州市営バス、高齢ドライバー見守りシステム構築に向け実証実験開始

1/22(水) 17:15配信

レスポンス

オリックス自動車と北九州市交通局は、「バス安全運行強化に向けた共同実証実験基本協定」を締結し、2020年2月上旬から2021年1月下旬まで、「AI等を活用した高齢ドライバー見守りシステム」の構築に向けた実証実験を行うと発表した。

[関連写真]

AIなど最新技術の活用により、ヒューマンリスクによる交通事故を未然防止・軽減させる取り組みは、公営交通バス事業者では全国初となる。

実証実験では、北九州市営バスの車両にオリックス自動車のテレマティクスサービス「e-テレマ」と、Nauto社提供のAI搭載通信型ドライブレコーダー「ナウト」を導入。e-テレマは運行状況や危険挙動(速度超過・急加速・急減速)を可視化、ナウトはわき見や車間距離不足などを検知してリアルタイムで警告を発し、安全運転をサポートする。

北九州市営バスでは、大型自動車運転二種免許保有者の減少などの影響で、バス運転者の約45%が60歳以上と、高齢化が進んでいる。運転者の高齢化は、運転時の判断力・操作能力の低下のリスクを抱えており、バス運行の安全性や事業そのものの存続に関わる重大な課題となっている。

今回の実証実験では、運行車両の動向や運転者の運転状況を、最新技術を通じて可視化し、それにより得られたデータを基に「北九州市営バス版安全運転支援システム」を構築。各運転者の特性に合わせた研修プログラムの設計など、独自の安全運転指導に活用することで、高齢社会でもバスの安全運行を継続していくことを目的としている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:1/22(水) 17:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ