ここから本文です

【JRA】リスグラシューが登録抹消、ノーザンファームで繁殖入り

1/22(水) 19:13配信

netkeiba.com

 JRAは本日22日、有馬記念などGI4勝のリスグラシュー(牝6、栗東・矢作芳人厩舎)が、本日付で競走馬登録を抹消したことを発表した。今後は、北海道安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。

 リスグラシューは父ハーツクライ、母リリサイド、その父American Postという血統。

 2018年にJ.モレイラ騎手の手綱でエリザベス女王杯を制して、GI初制覇。同年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬を受賞する。

 翌2019年はD.レーン騎手を主戦騎手に迎え、宝塚記念(GI)、コックスプレート(豪G1)、そして引退レースとなった有馬記念(GI)も制して有終の美を飾り、JRA賞年度代表馬、最優秀4歳以上牝馬を受賞した。

 通算成績は22戦7勝(うち海外3戦1勝)。獲得賞金は12億1720万100円。

最終更新:1/22(水) 19:25
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事