ここから本文です

ドコモが「6G」に向けたホワイトペーパー公開 2030年頃のサービス提供開始を目指す

1/22(水) 17:45配信

ITmedia Mobile

 NTTドコモは1月22日、「第6世代移動通信システム(6G)」に関するホワイトペーパーを公開した。

 同社は2018年から、第5世代移動通信システム(5G)を高度化した「5G evolution」や6Gに関する検討と研究開発を進めている。このホワイトペーパーは、2030年頃に6Gのサービスを開始することを想定して、5G evolutionや6Gについて期待できるユースケースや目標性能、技術要素などの技術コンセプトをまとめたものとなる。

 5G evolution/6Gでは、5Gの高速・大容量、低遅延、多数接続の各性能をさらに高めつつ、高速・大容量や低遅延などの要求条件を同時に実現する「複数要求条件の同時実現」、テラヘルツ波などの「新たな高周波数帯の開拓」、これまでの移動通信方式では十分なエリア化が難しかった「空・海・宇宙などへの通信エリアの拡大」、「超低消費電力・低コストの通信実現」などを目指し、技術規格の検討と研究開発を進めていくという。

 ホワイトペーパーでは、6Gに向けて発展するであろう技術の候補として以下のものを挙げている。

・空間領域の分散ネットワーク高度化技術(New Network Topology)
・非陸上(Non-Terrestrial Network)を含めたカバレッジ拡張技術
・周波数領域のさらなる広帯域化および周波数利用の高度化技術
・Massive MIMO技術および無線伝送技術のさらなる高度化
・低遅延・高信頼通信(URLLC)の拡張および産業向けネットワーク
・非移動通信技術のインテグレーション
・無線通信システムの多機能化およびあらゆる領域でのAI技術の活用

 なお、1月23日と24日に東京ビッグサイトで開催されるイベント「DOCOMO Open House 2020」では、5G evolutionや6Gの技術コンセプトに関するパネル展示とコンセプト動画を公開している。1月24日には、5G evolution/6Gに関するパネルセッション「5Gの発展とその先の未来」も開催する。

ITmedia Mobile

最終更新:1/22(水) 17:45
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ