ここから本文です

NHK総局長「麒麟がくる」川口春奈 「雰囲気は十分にあった」 好発進に手応え

1/22(水) 15:46配信

デイリースポーツ

 NHKが22日、東京・渋谷の同局で定例会見を開いた。

 19日にスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」が、4年ぶりの高水準となる初回視聴率19・1パーセント(ビデオリサーチ日報調べ。関東地区)を記録した。

【写真】思わず息をのむ…“究極のすっぴん”姿で離婚を生報告する沢尻エリカ

 当初、帰蝶(濃姫)役で出演していた女優・沢尻エリカ被告の事件の影響で放送開始が2週間遅れたが、木田幸紀総局長は「大変いいスタートが切れました。2週間遅れたにも関わらず、多くの方に見ていただけた」と感謝。「私も手応えを感じています」と語った。一方で「ただし、過去には1回目が1番良かったシリーズもあるので、気を抜かず、充実した作品を期待したい」とした。

 沢尻の代役で帰蝶を演じた女優・川口春奈について「まだ(初回の)最後に少し出てきただけですが、出てきた雰囲気は十分にあったのではないでしょうか。これからに期待したい」と、高く評価した。

最終更新:1/22(水) 15:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ