ここから本文です

豊田利晃「狼煙が呼ぶ」のドキュメンタリー京都で初披露、全国ツアーも開催

1/22(水) 20:10配信

映画ナタリー

豊田利晃の短編「狼煙が呼ぶ」のメイキングドキュメンタリー「狼煙に呼ばれて」が、2月7日に京都・京都みなみ会館で初披露されることがわかった。

【写真】「狼煙が呼ぶ」ビジュアル(メディアギャラリー他7件)

「狼煙が呼ぶ」は、祖父の形見であった拳銃の不法所持で逮捕された豊田が、そのことに対する返答として制作した16分の短編。「狼煙に呼ばれて」は、音楽、出演を兼ねた切腹ピストルズの飯田団紅が豊田との出会いから拳銃騒動、映画のクランクインまでを講談で語った53分の作品だ。切腹ピストルズのライブをはじめ、取材やロケハン、撮影現場の風景、狼信仰の神社巡りの様子、渋川清彦のインタビューなどが収められている。

本作は監督生活20周年を迎えた豊田が切腹ピストルズと一緒になり、「狼煙が呼ぶ」の上映とライブを行う全国ツアー「日本列島やり直し」の前夜祭で上映。当日は豊田、飯田、渋川によるトークも行われる。そして2月8日には、京都・KYOTO MUSEでツアー第1弾となるイベント「日本列島やり直し 2020 京 四条通の変」を開催。こちらには渋川に加え、志人(降神)もゲスト出演する。

豊田は「『日本列島やり直し!』とタイトルを掲げたライブを切腹ピストルズと共に全国で演奏&上映を致します。政治的にも経済的にも危機的な状況な現在を、なんとか想像の力で明るく克服できないか、分断がひとつになることはできないか、抵抗の試みであります。戦争の足音が忍び寄る昨今、奴らはくり返すが、俺たちはやり直す! 二月八日、京、四条通、ミューズホールでお待ちしております!」と意気込みを語っている。

「日本列島やり直し 2020 京 四条通の変」のチケットは、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、KYOTO MUSE店頭で販売中。前夜祭のチケットは1月25日に京都みなみ会館の公式サイトと店頭で発売される。

■ “日本列島やり直し 2020 京 四条通の変”前夜祭「狼煙に呼ばれて」+「狼煙が呼ぶ」イベント上映
2020年2月7日(金)京都府 京都みなみ会館
<上映作品>
「狼煙に呼ばれて」
「狼煙が呼ぶ」
<登壇者>
豊田利晃 / 渋川清彦 / 飯田団紅
料金:前売り券 2000円 / 当日券 2500円

■ 「狼煙が呼ぶ」×豊田利晃×切腹ピストルズ“日本列島やり直し 2020 京 四条通の変”
2020年2月8日(土)京都府 KYOTO MUSE
<上映作品>
「狼煙が呼ぶ」
<出演者>
切腹ピストルズ / 豊田利晃(VJ)/ 志人(降神) / 渋川清彦
料金:前売り券 3500円 / 当日券 4000円 ※1ドリンク代別

最終更新:1/22(水) 20:10
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ