ここから本文です

マイク・ヴァイオラ、日本愛に溢れたファンへのメッセージが到着

1/22(水) 17:47配信

BARKS

BeatleDNAシリーズ第5弾として1月22日発売となった『ザ・ベスト・オブ・マイク・ヴァイオラ』。発売に際して天才POP職人マイク・ヴァイオラから日本のファンへのメッセージが到着した。

【メッセージ】
僕の音楽を長年にわたって聴いてくれて、心から理解してくれている日本のファンのみなさんにありがとう。日本をツアーするたびに、移住して旅をしながらこの国と人々をもっとよく知りたいという気持ちに駆られるんだ。僕の家族みんな日本が大好きだよ。中でも一番下の娘のジョジョはあまりに好きすぎるから、スタジオジブリの『となりのトトロ』にちなんでメイと呼んでいるほどなんだ!

昨年の春は桜を観に東京に行って、京都でも数日間過ごした。ある夜は東京のラ・カーニャでショウをやったらソールド・アウトになったんだ!僕の家族全員がショウに来て、たくさんのファンにひとりひとり直接会うことができた。その夜はみんなで最高の食事をして、ビールを飲んで、音楽、ミュージシャン、アートについて語りあったよ。夢のようだったね。友人のナオキ(浦沢直樹)も来てくれたんだ。先に分かっていればステージで僕とジャムってもらったのに…彼は素晴らしいギター・プレイヤーなんだ(僕たちは「モナカ」というバンドを一緒にやっていて、このCDにも曲が1つ入っている)。

僕の音楽や、BeatleDNAを持つポップ・ミュージックが好きなら、このCDコンピレーションを楽しんでもらえると思う。これらの楽曲を再発見するのは本当に楽しかったよ。僕の目標は1年に1回は日本に行くこと。もうすぐそっちに行けることを願っていてほしい。あなたに会えますように!
愛をこめて 
マイク・ヴァイオラ

マイク・ヴァイオラは、ビートルズやビーチ・ボーイズの遺伝子を受け継ぐメロディとハーモニーをもつキャッチーな曲を作るソングライターとしての才能、ロックから優しいバラードまでをエモーショナルに歌いこなす、エルヴィス・コステロを彷彿させるハスキーな歌声、プロデューサー、近年はレーベルのA&Rとして、多くのアーティストに頼られる編曲/プロデュースの手腕の持ち主で(2020年グラミー賞には彼が手掛けたマディソン・カニングハム、J.S.オンダラがノミネートされている)、“天才POP職人”と呼ばれている。

そんなマイク・ヴァイオラの究極のPOPチューンを凝縮した集大成的日本独自企画ベスト盤が『ザ・ベスト・オブ・マイク・ヴァイオラ』が遂に発売。1996年から現在まで、過去20年間のキャンディ・ブッチャーズのバンド名義から最新のソロ作品から選りすぐって、最新リマスター、全23曲収録。未発表曲「エヴリシングズ・グレイト」とともに、映画「すべてをあなたに」(トム・ハンクス監督・リヴ・タイラー主演)の主題歌と、本邦初公開のプロジェクトMONAKA(マイク・ヴァイオラと漫画家の浦沢直樹氏、放送作家の倉本美津留氏、LA在住のミュージシャンHedayとのニュー・プロジェクト。ドラムはジム・ケルトナー)の新曲「悲しきLA天国」がスペシャルなボーナス・トラックとして収録される。天才ポップ職人が紡ぎだす”ポップの魔法“に包まれた極上のメロディーとハーモニー、BeatleDNA直系の煌めく名曲の数々を集大成した日本だけのベスト・アルバムとなっている。

■マイク・ヴァイオラ『ザ・ベスト・オブ・マイク・ヴァイオラ』/Mike Viola『Introducing...Mike Viola(Japan Best)』
2020年1月22日発売
SICX149 ¥1,800+税

予約・購入リンク:https://sonymusicjapan.lnk.to/MikeViola_IntroducingJapanBest

【収録曲】
1 ストロベリー・ブロンド The Strawberry Blonde(2007『Lurch』)*
2 サウンドトラック・オブ・マイ・サマー Soundtrack Of My Summer(2011 『Electro de Perfecto』)*
3 ホエン・アイ・ホールド・ユー・イン・マイ・アームズ When I Hold You In My Arms(2007 『Lurch』)*
4 イット・ダズ・ア・ナンバー・オン・マイ・ブレイン It Does A Number on My Brain(2018 『Bitten and Cursed Single』)*
5 ゲット・ユー・バック Get You Back(2011 Electro de Perfecto』)*
6 ヒア・ウィ・ゴー・イッツ・クリスマス・タイム Here We Go, It’s Christmas Time (2018 『Here We Go, It’s Christmas Time』) *
7 スパークル Sparkle!(2004 『Hang On Mike』)**
8 エル・ムンド・デ・パーフェクト El Mundo De Perfecto(2011 『Electro De Perfecto』)*
9 フォーリング・イントゥ・プレイス Falling Into Place(1999 『Falling Into Place』)**
10 スーパーキッド Superkid(2004 『Hang On Mike』)**
11 グッド・アイデア・グロウ・オン・トゥリーズ Good Ideas Grow On Trees(2007 『Lurch)
12 ブレイク・ユア・ハート Break Your Heart(1999 『Falling Into Place』)**
13 ユー・ビロング・トゥ・ミー・ナウ You Belong To Me Now(2002 『Play With Your Head』)**
14 ホワット・トゥ・ドゥ・ウィズ・マイケル What To Do With Michael(2004 『Hang On Mike』)**
15 ホドマック/エヴリシングズ・グレイト (未発表曲) Hodmuck/Everything‘s Great (Unreleased)
16 ミュータント・ニンジャ・タートル Mutant Ninja Turtle(2018 『The American Egypt』)*
17 ヘア・オブ・ザ・ドッグ Hair Of The Dog(2005 『Just Before Dark』)*
18 ガーリー・ウォーム Girly Worm(2007 『Lurch』)*
19 ギヴ・ミー・ア・セカンド・チャンス・フォー・クリスマス Give Me A Second Chance For Christmas(1999 『Let’s get christmas EP』)*
20 サウンド・オブ・マイ・オウン・ヴォイス Sound Of My Own Voice(2005 『Just Before Dark』)*
21 キング・コング・ハンドKing Kong Hand(2018 『The American Egypt』)*
<Bonus Tracks>
22 ザ・ワンダーズ/すべてをあなたに  The Wonders/That Thing You Do (OST 『That Thing You Do』)
23 MONAKA/悲しきLA天国 MONAKA/Don't Want To Die In LA

最終更新:1/22(水) 17:47
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事