ここから本文です

女優・つみきみほ「実は、昨年離婚しました」生放送で結婚発表、“逆プロポーズ”も振り返る

1/22(水) 7:05配信

テレ朝POST

1985年、中学校在学中に「The Audition‘85-吉川晃司主演映画 第3弾ヒロイン募集」で10万人のなかからグランプリを獲得し、映画『テイク・イット・イージー』(1986年)でデビューしたつみきみほさん。

ボーイッシュで目ヂカラの強い美少女としてブレークし、映画やドラマに多数出演。歌手としても活躍。子育てのため、一時期休業していたが、本格的に女優復帰を果たし、2017年には26年ぶりとなる主演映画『話す犬を、放す』に出演。現在、映画『明日、キミのいない世界で』と映画『花と雨』が公開中のつみきみほさんにインタビュー。

◆ショートカットにしたのは「小泉今日子さんに憧れて」

幼い頃から早く働きたいなど自立心が強く、雑誌に漫画を投稿したりしていたと話すつみきさん。オーディションに応募したときは、まだ14歳だったという。

「早くから仕事がしたいと思っていて、姉がたまたまオーディションの応募用紙を持っていたので、自分で応募させていただきました。

大きなオーディションだということは全然知りませんでした。でも、何かやりたかったんですよね。働きたくて」

-吉川晃司さんの相手役に10万人のなかから選ばれたということで話題になりましたが、自信はありました?-

「全然ありませんでした。ゼロでした。オーディションは第三オーディションまでありました。自分で応募したのに、いざとなったら怖くなって、行くのをやめようと思ったんですが、友だちに相談したら、『せっかくだから行ったほうが良い』って言われたので、付いて来てもらって行きました。

最初に受かったときには『やったー』みたいな感じと驚きで、2次に受かったときには心臓バクバクっていう言葉にするのもできないぐらいでした。

1次と2次は書面で結果が送られてきたのですが、最終オーディションは、会場でマスコミを入れて発表されることになっていました。発表を待っている間、ずっと早く帰りたいなと思っていました。

というのも、レオタード姿にも自信はないし、歌も音痴だっていう自覚があったからです。それでも開き直って歌ったのですが、合格するわけはない、もう帰りたいなあって(笑)」

-グランプリに決まったときは?-

「記憶にないというのが本当のところです。合格発表のときのカメラのフラッシュのことしか覚えていないです。姉が付き添ってくれていたので、無事に家に帰り着けましたが、どうやって帰ったのかも全く覚えていない。すべてが夢のなかという感じでした」

-つみきさんがデビューされたときは、ボーイッシュで目ヂカラがあって印象的でした-

「まだ少なかったですよね、こういう感じって。でも、私は小泉今日子さんが好きで、小泉今日子さんがサイドを刈り上げたりとかしていて、他のショートの方とも違う感じで。

すごく自由にされているのを見ていたのでショートにしていたんですよね。オーディションで歌った歌も『スターダスト・メモリー』だったくらい、小泉今日子さんが好きでした」

-グランプリに選ばれてデビュー、人生が大きく変わったわけですがいかがでした?-

「全く知らない世界で大変だったんですけど、すばらしい方たちに出会うことができて、すごく楽しかったです。

でも、ほかのアイドルの方とか、華やかな方たちのような活躍の仕方が自分はできてないという思いが、すごく当時は強かったですね。

自分なりに一生懸命、『どうやったら自分もそうやって輝けるんだろう?』みたいなことを探ったりしていたんですけれども、なかなか思うようにいかなくてすごく悩んでいました。とにかく必死だったというのは、当時から今も変わらないんですけど」

-14歳で大々的に芸能界デビューとなったわけですが、ご両親はどのように?-

「父は今になって、当時は反対だったという本音を教えてくれますけど、所属した事務所が大きな老舗事務所だったこともあり、面と向かって反対とは言わなかったようです。

母や姉妹は割と浮かれていたように感じましたが、父が反対なのか賛成なのか、はっきりしたことを言ってくれなかったので、ちょっと心細かったです。

仕事の現場で不安なことがあって相談したくても、父がものすごく忙しかったので、相談に乗ってもらえなかったんですが、4人姉妹で仲が良かったので、それが多分いちばんの救いでした」

※つみきみほプロフィル
1971年4月13日生まれ。千葉県出身。1986年、映画『テイク・イット・イージー』でデビュー。映画『花のあすか組!』(1988年)、映画『櫻の園』(1990年)、映画『話す犬を、放す』(2017年)、ドラマ『愛はどうだ』(TBS系)、ドラマ『御宿かわせみ』(NHK)、蜷川幸雄演出舞台『夏の夜の夢』など映画、テレビ、舞台に多数出演。歌手としてシングル4枚、アルバム2枚をリリース。現在は女優業をベースに福祉の勉強やボランティア活動も行っている。

1/3ページ

最終更新:1/22(水) 11:33
テレ朝POST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ