ここから本文です

インナーダウンが街場では最強に使える説

1/22(水) 7:03配信

LEON.JP

コートやジャケットだけでは肌寒い そんな時は薄手のインナーダウンを選んでみてはいかがでしょう。テーラード型のジャケットやコートに合わせてみてはいかがでしょう。インナーとしてだけでなく、アウターとして使ってもOKですよ。

インナーダウンはオーセンティックなジャケットやコートをモダンに見せます

都会の冬は意外とダウンジャケット不要でも過ごせることがありますよね。とはいえ、やはり屋外では寒さがこたえるものですから、やっぱりアウターにはダウンのライニングぐらいは欲しいもの。かといってダウンライニングに絞ってアウターを探すと選択肢が限られてしまいますし……。

そこでオススメしたいのがインナーダウン。ご存知の方も多いとは思いますが、「インナーダウンってどうやって着るの?」という声は少なくないんです。ダウンの中にさらにダウンを着て、まるで極地に探検に行くかのような完璧な防寒をするためのものと思われている方もいるようですが、実際のところコーデは簡単。インナーダウンは手持ちのアウターのライニングを簡単にダウン仕様にできる、とっても便利なアイテムなんです。

たとえばこちらのスナップを御覧ください。街はとっても寒そうでしょ? こんなとき上質な一枚仕立てのキャメルのチェスターコートでは防寒性能が足りなそうですが、インナーダウンを着ることで、他の防寒優先なユーティリティスタイルの方々とは真逆のドレッシーなスタイルに。しかもチェスターコートのインにダウンベストをレイヤードしたことで、ハイブリッドな雰囲気も加味され、よりモダンでお洒落度も高め。

テーラードジャケットのインナーとして着ても、ハイブリッド感ある着こなしになるんです。そうなんです、インナーダウンは、あえてクラシックなアイテムに合わせることで威力を発揮するんです。それというのもクラシック系メゾンが、ジャケットやコートの防寒ディテールとして、Vゾーンにスタンドカラータイプのダウンをストームガードとしてフェイクレイヤーしているアイテムをご覧になったことがあるかと。気分はまさに、それ。この冬、本気でインナーダウンをオススメする理由です。

1/2ページ

最終更新:1/22(水) 7:03
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ