ここから本文です

多彩な野球を見せる西武台(埼玉)の源は「アクティブラーニング」にあり!

1/22(水) 12:00配信

高校野球ドットコム

 昨秋の埼玉県大会を準優勝し、関東大会では神宮大会準優勝を果たした健大高崎と善戦。9回まで同点の熱戦を演じたのは西武台だ。

【写真】監督に復帰した西武台・河野創太氏

 県大会では豆田 泰志を擁する浦和実や、タレント揃う昌平を倒すなどの快進撃を見せて、今春以降も注目が集まる実力校だ。そんな西武台のチームの強さはどこにあるのか。今回は技術だけではない指導面にも迫りました。

コミュニケーション、そして頭の中の整理に効果を発揮したアクティブラーニング

 そして福喜多繁尊コーチはミーティングにも力を入れてきたことが、「打ち勝つ」チームを作るうえでは大きな効果を発揮した。
 「今までは選手たちが話を進めて、河野(創太)監督がメモを取っていました。けど、もう少し話を詰めることが出来ると感じていましたので、5、6人の小グループで話し合うアクティブラーニングを採用しました。そうすることで、選手たちの野球に対する理解度が高くなって、しっかりと野球に対して考えて取り組めるようになりました」

 すると、大会期間中でも選手たちの間で自然と指示を出し合えるようになり、福喜多コーチが指示を出す前に選手間でコミュニケーションを取れる仕組みが出来上がった。

 また、福喜多コーチは選手たちへ、「3球で攻撃が終わっても構わない」と伝えている。
 「甲子園に試合観戦に行ったとき感じましたが、強豪校は初球から振っていく姿勢があるんですよね。際どいボールを平然と見逃すところがウチの選手はありましたので、だったら打ち行けるようにして、それで凡退だったら怒らないようにしました」

 しかし、ただやみくもに打つわけではない。相手投手の投球練習で7球を投げる間、選手たち同士で狙い球を絞らせる。そういったしっかりとした準備させたうえで、選手たちに積極性を持たせて打たせること許している。

 「打ち勝つ」チームを作るために、とにかくスイングのスピードやフォームと言った技術面だけではなく、攻め方と言った戦略面もきっちり整備したことが西武台の野球を支えたのだろう。

1/2ページ

最終更新:1/22(水) 12:15
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事