ここから本文です

災害やデモの発生を想定した訓練も 岡山県警が年頭視閲式

1/22(水) 17:12配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県警が22日、年始恒例の視閲式を開きました。

 岡山ドームで開かれた視閲式には、警察官約300人と警察犬が参加しました。

(岡山県警/桐原弘毅 本部長)
「本年は東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴い、警備対策や交通対策に万全を期さなければなりません」

 岡山県警の桐原弘毅本部長が訓示を述べた後、災害やデモの発生を想定した訓練が行われました。

 岡山県の2019年の刑法犯認知件数は9437件で、17年連続で減少しています。
 しかし、キャッシュカードをすり替えて金をだまし取る特殊詐欺が横行して2億1860万円の被害が出たほか、交通事故の死者数が75人で、前の年を7人上回りました。

最終更新:1/22(水) 18:53
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事