ここから本文です

市原隼人がラマーズ法!? アドリブ連発の『劇場版 おいしい給食』予告解禁

1/22(水) 12:00配信

クランクイン!

 俳優の市原隼人が主演を務める『劇場版 おいしい給食 Final Battle』より、市原がアドリブを連発する予告編が場面写真と共に解禁された。

【写真】『劇場版 おいしい給食 Final Battle』場面写真


 本作は、1980年代のある中学校を舞台に、給食マニアの中学教師・甘利田幸男(市原)と給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描いた学園グルメコメディードラマ『おいしい給食』の映画版。

 甘利田とゴウの“絶対給食愛者”2人のほか、ヒロインの女性教師・御園ひとみ役に武田玲奈、ゴウのクラスメイト・藤井マコ役に豊嶋花、甘利田の同僚・鷲頭星太郎役に辻本達規(BOYS AND MEN)、世話好きの給食のおばさん牧野文枝役にいとうまい子、校長・渡田寛治役に酒向芳と、ドラマから続投のキャストに加え、劇場版では教育実習の佐野正輝役で水野勝(BOYS AND MEN)、「給食廃止」を推し進める教育委員会の鏑木役で直江喜一、国語教師の磐田役でドロンズ石本が新たに参加している。

 予告編では、“給食そのものを美味しく食べる”甘利田と“おいしく食べるためにアレンジを加える”ゴウとの、給食愛をかけた壮絶な給食バトルが繰り広げられる。ゴウの自由すぎる給食アレンジに、「それは、もはや罪だ」と絶叫する甘利田。甘利田とゴウの給食バトルに決着がつくのかと思いきや、鏑木の「給食を廃止します!」の一言に渡田校長と甘利田はあぜん。「これは決定事項で、変えられないんだぞ」との一方的な通告に、甘利田は言葉も出ないほど動揺する。「先生はいいんですか?」と訴えるゴウの涙に激しく心を揺さぶられる甘利田。給食を愛する2人に、何物にも代えがたい給食タイムを失ってしまうという人生最大のピンチが訪れる。

 学校側の意見も聞かず給食撤廃を着々と進める教育委員会に、「給食は文化です。給食をバカにするあんたに、教育を語る資格はない!」と甘利田が怒りを爆発させる。「給食が好きな理由は、みんなと同じごはんを食べるから」と語るゴウの思いはかなうのか。甘利田は愛する給食を守るため、史上最大の給食バトルに打って出る。

 ラストでは、甘利田が動揺を落ち着かせるためラマーズ法で息を整えるシーンも。シリアスなイメージの強い市原だが、「撮影期間はアイデアがあふれ出して挑戦するのが楽しかったです。こんなにワクワクした現場は初めてでした」とアドリブを取り入れた撮影を振り返った。

 ヒロインの武田は市原のアドリブ演技を「そのシーンを撮る前に練習されていてびっくりしましたが、アイデアがどんどんでてきて、台本に書いてある以上のことをその場で出しきれる、本当にすごい役者さんだなと思いました。そのおかげで、甘利田先生の行動や表情、特に給食のシーンがおかしすぎて、撮影の間笑いをこらえるのが大変でした」と絶賛した。

 『劇場版 おいしい給食 Final Battle』は3月6日より全国公開。

最終更新:1/22(水) 12:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事