ここから本文です

ザイオンが日本時間23日のスパーズ戦で念願のNBAデビューへ「すごくワクワクしている」

1/22(水) 18:08配信

バスケットボールキング

「壁に向かってパンチしたり、椅子を蹴飛ばしたいと思うことは何度もあった。本当にタフだったけど、僕はそれを乗り越えてきたんだ」

 昨年のドラフト全体1位でニューオーリンズ・ペリカンズから指名されたザイオン・ウィリアムソンが、1月23日(現地時間22日)にホームで行われるサンアントニオ・スパーズ戦で、念願のNBAデビューを果たす。

 デビューを前日に控えたザイオンは、複数の現地メディアに囲まれる中、「正直に言うと、今夜眠れるか分からない。初めて臨むNBAのゲームについて考えてて、すごくワクワクしている」と率直な思いを口にした。

 今季開幕直前に右膝半月板損傷が発覚し、手術を受けたことでザイオンは6~8週間の戦線離脱。8週間が経過した昨年12月中旬時点でもデビューすることができなかったため、ザイオン本人もフラストレーションを抱えていたという。

「壁に向かってパンチしたり、椅子を蹴飛ばしたいと思うことは何度もあった。フラストレーションがたまっていたからね。それに自分の思うように身体を動かすことができなかったから本当にタフだった。特に19歳の自分にとって、NBAの試合でプレーできていなかったからなおさらね。本当にタフだったけど、僕はそれを乗り越えてきたんだ」。

 スパーズ戦でザイオンがデビューすることが濃厚なのだが、ペリカンズは1月に入って6勝4敗と好調で、ユタ・ジャズ(10連勝)、メンフィス・グリズリーズ(7連勝)の連勝をストップするなど調子は上向き。

 リーダーを務めるドリュー・ホリデーは、大物ルーキーについて『Pelicans.com』へ「僕らは彼が持つエナジー、リバウンド力、爆発力を欲している。それに彼はオフェンス面において間違いなく危険な存在。リム付近で彼と競い合える選手がいるとは思えないね」とコメントしており、大きな期待を寄せていることが分かる。

 はたして、ザイオンはデビュー戦でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。迫力満点のダンクや豪快なブロックショットなど、会場どころかSNSを通じて世界中に強烈なインパクトを与えてくれるのではないだろうか。

BASKETBALL KING

最終更新:1/22(水) 18:08
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ