ここから本文です

ピョ・イェジン、「CAを辞めた後オーディションだけでも100回は落ちた」と自ら明かす

1/22(水) 23:02配信

WoW!Korea

女優のピョ・イェジンが“ライジングスター”になるまで100度のオーディションに落ちていた過去を伝え驚きを与えた。

ピョ・イェジンのプロフィールと写真

22日にSBSの芸能情報番組「本格芸能真夜中」でさまざまな芸能界のニュースが伝えられた。

番組では客室乗務員から役者として跳躍したピョ・イェジンに話を聞く時間が設けられた。ピョ・イェジンはドラマ「VIP」の出演後その役柄から多くの視聴者たちから「道にいても会いたくない」、「跳ね飛ばしたい」など殺伐とした悪口を聞いたと述べた。ピョ・イェジンは「とても怖かった」とし「2か月間気分を悪くさせてすみません」と国民に謝罪をし笑いに包まれた。

満19歳という若い年齢で大韓航空の客室乗務員に合格したというピョ・イェジンは役者になるために1年半で退社を決定したという。ピョ・イェジンは「感情を隠さなければならない職業が息苦しかった。私を表現する職業を探して役者に挑戦し、本当に胸がときめいた」と秘話を明かした。

しかし両親の気持ちを変えるのが難しく、ピョ・イェジンは直筆の手紙を書き両親の気持ちを変えたと述べた。ピョ・イェジンは「初めは方法を知らなくて途方に暮れた。セルフプロフィールを作りオーディションを100回受けた」とし「たくさん落ちて泣いた。悲しくて」と目頭を熱くした。

このインタビューの時にドラマで共演したチャン・ナラとイ・サンユンの映像メッセージが繰り広げられた。心から自分を応援し励ますメッセージにピョ・イェジンは「本当に感動した。すべてうまくいきそうだ」と涙を流し、これを見守る人々まで胸をじんとさせた。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

最終更新:1/22(水) 23:02
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ