ここから本文です

今日の誕生日は誰だ! 1月22日は、ローマ時代のユーベ戦劇的弾が印象的な日本のレジェンドのバースデー

1/22(水) 7:00配信

超WORLDサッカー!

◆中田英寿
【Profile】
国籍:日本
誕生日:1977/1/22
クラブ:ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)、ペルージャ、ローマ、ボルトンetc
ポジション:MF
身長:175㎝
体重:72㎏

『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月22日は中田英寿氏だ。

幼いころにサッカーを始めた中田は、U-15日本代表に選出。その後は、全ての年代別日本代表に選出され、U-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)、U-19アジアユース、ワールドユース(現U-20ワールドカップ)、そしてオリンピックと、世代別の国際大会に全て“飛び級”で出場していた。

オリンピックには、19歳の時にアトランタ・オリンピック、そして23歳でシドニー・オリンピックに出場。オーバーエイジではなく、2度出場した珍しい経歴を持つ。Jリーグ入団時も多くのクラブがオファーを出し、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に入団。国内でその実力を見せつけ、20歳の1997年に日本代表デビューを果たした。

中田は、21歳で1998年のフランス・ワールドカップに出場。司令塔として、中盤でゲームメイクを担っていた中田のプレーは、チームは3連敗で終わったものの、欧州各クラブのスカウトの目に留まった。アーセナルやユベントスなどからも声が掛かっていたが、中田はペルージャを選択し、セリエAに挑戦した。

ペルージャでは、開幕戦のユベントス戦で2ゴールを挙げるセンセーショナルなデビュー。セリエA1年目にして10ゴールを達成し、イタリア国内に大きなインパクトを与えることに。2年目のシーズン途中にはローマへと移籍。その後、日本人として初となるセリエA優勝メンバーとなった。

中田は、トップ下のポジションで長年プレーし、相手との駆け引きから生まれるスルーパスを得意としていた。ローマでは、エースであるFWフランチェスコ・トッティとのポジション争いの影響で、ボランチを経験。パルマに移籍してからは3トップの右サイドを任されることも増えた。パルマ時代には、アドリアーノ、アドリアン・ムトゥとのコンビが旋風を巻き起こし、『トリアイナ(三叉の槍)』と称されていた。

ワールドカップでは、1998年のフランス大会に続き、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会に出場。2002年の日韓大会では、グループステージ第3戦のチュニジア代表戦で、ダイビングヘッドから自身のワールドカップ初ゴールを記録。ドイツ・ワールドカップのブラジル代表戦後、センターサークルで天を仰いだ姿は記憶に残っていることだろう。この大会を最後に、現役を引退した。

日本のサッカー界の歴史を築いた名選手の1人として、後世に語り継がれる中田。引退後は自分にできることを探したいとの思いから旅人に転身。その間も日本サッカー界の発展に様々な形で携わりつつ、実業家など多方面での活躍が光る。

※誕生日が同じ主な著名人
高須克弥(医師/高須クリニック院長)
生田絵梨花(アイドル/乃木坂46)
ファブリシオ・コロッチーニ(サッカー選手/サン・ロレンソ)
ロジェリオ・セニ(元サッカー選手)

超WORLDサッカー!

最終更新:1/22(水) 7:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ