ここから本文です

鹿児島退団のDF堤俊輔が引退… 「こんなに長く続けさせていただけると思っていなかった」

1/22(水) 17:45配信

超WORLDサッカー!

鹿児島ユナイテッドFCは22日、昨シーズン限りで退団したDF堤俊輔(32)の引退を発表した。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

浦和レッズ下部組織出身の堤は、2006年にトップ昇格を果たし、プロキャリアをスタートさせた。その後、ロアッソ熊本、栃木SC、アビスパ福岡を経て、2019年から鹿児島へ。昨シーズンは明治安田生命J2リーグ33試合と天皇杯1試合に出場していたが、シーズン終了後に契約満了となっていた。

キャリア通算では、J1リーグで34試合出場、J2リーグで229試合5得点という数字を残した。

現役生活に幕を下ろす堤は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「2019年シーズンを持ちまして、現役生活を引退することを決断しました。ご報告が遅くなり、ご心配おかけしました。14年間のプロ生活でしたが、こんなに長く続けさせていただけると思っていなかったので、本当に感謝しています。現役時代は本当にたくさんの皆さんに支えていただき、応援して頂きました。ありがとうございました」

「今はこれからの第二の人生に向け、楽しみでワクワクしています! 今後につきましては、また改めてご報告させてください。浦和、栃木、熊本、福岡、鹿児島、そして、全国のJリーグサポーターの皆さん…本当にありがとうございました! 最後は笑顔で!! みんな元気でねー! バイバーイ!」

超WORLDサッカー!

最終更新:1/22(水) 17:52
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1
あなたにおすすめの記事