ここから本文です

国務院直属の81社、一帯一路沿線で3400件超のプロジェクト請負 中国

1/22(水) 18:39配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国国務院国有資産監督管理委員会の彭華崗(Peng Huagang)秘書長は15日の記者会見で、国務院直属企業81社(以下、中央企業)が「一帯一路(Belt and Road)」の沿線で3400件を超すプロジェクトを請け負っていると紹介した。

 昨年の第2回「『一帯一路』国際協力サミット」で、中央企業は460億ドル(約5兆600億円)を超す請負契約に調印し、ギリシャのピレウス(Piraeus)港、中白工業園(Great Stone)、中国ラオス鉄道(China-Laos Railway)、ケニアのナイロビ―マラバ鉄道(Nairobi-Maraba Standard Gauge Railway)第1期工事など「一帯一路」の重点プロジェクトの建設を進めているという。

 彭秘書長は「中央企業の役割はおおむね三つだ」と話した。

 一つ目は「一帯一路」沿線各地を互いにつなぐインフラ建設。すでに開始した工事と開始予定のもののうち、中央企業の請負件数が60%を超え、契約した投資金額は80%を超し、いずれも代表的な建設プロジェクトであるという。

 二つ目はエネルギー資源に関する協力。「一帯一路」沿線国家の経済発展のため、20余りの国家で60余りの石油天然ガス協力プロジェクトを次々進めている。鉱物資源開発では技術交流と技術の共有を強化し、沿線国家のエネルギー・鉱物資源の開発能力とレベルを高めることに寄与している。

 三つ目は現地社会建設への積極的な参画。中央企業の海外の支社や下部組織の職員の85%が現地の人たちで占められ、多くの企業の従業員の現地化率は90%以上に達する。これら直接の就業機会提供のほか、間接的には十数倍、あるいは数十倍にも上る就業機会を生み出している。この他、現地の文化建設、公共事業を行い現地の住民の福利厚生に貢献し、病院や学校建設への出資協力で、医療や就学の問題の解決にも寄与していると述べた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:1/22(水) 18:39
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ