ここから本文です

ANA、羽田空港で大型自動運転バス実用化に向けた実証実験開始 2020年内試験運用へ

1/23(木) 6:30配信

レスポンス

ANAは、SBドライブ、先進モビリティ、BYDジャパンの協力のもと、1月22日から31日までの間、羽田空港の制限区域内にて「大型自動運転バスの実用化」に向けた実証実験を実施。2020年内における羽田空港での試験運用を目指す。

[関連写真]

ANAでは大型自動運転バスの実用化に向けて、2018年2月の羽田空港新整備地区、さらには2019年1月の羽田空港制限区域内にて実証実験を重ねてきた。実証実験では、BYDジャパンの『K9RA』をベースに改造した自動運転バスを使用。羽田空港第2ターミナル 制限区域内 北乗降場→65番スポット付近→北乗降場の1周約1.9kmで、大型自動運転バスによる自動運転レベル3相当での走行検証を行う。実際のオペレーションを想定した走行ルートや大型車両を使用することで、技術面・運用面の具体的な課題の抽出を行い、決められたルートを走行するバス輸送における自動運転技術の実用化につなげていく。

ANAでは、今回の実証実験結果を評価・分析し、抽出された課題への対応を踏まえた上で、乗り継ぎの利便性向上や、空港従業員の移動の効率化を目的とした試験運用(自動運転レベル3相当)を2020年内にスタートする。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:1/23(木) 6:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ