ここから本文です

日興アセット、DC専用4ファンドコスト引き下げ

1/23(木) 21:45配信

モーニングスター

 日興アセットマネジメントは22日、確定拠出年金専用ファンド4本の信託報酬を同日引き下げたと発表した。該当するのは「インデックスファンド海外株式ヘッジなし(DC専用)」、「インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)」、「インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)」、「インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)」の4本。信託報酬等(税込)はそれぞれ0.28%から0.15%、0.31%から0.18%、0.25%から0.15%、0.29%から0.18%へ引き下げられた。

 確定拠出年金専用ファンドは、銀行や証券会社で購入可能な一般的な投信に比べて総じて低コストだが、インデックスファンドシリーズの激しいコスト競争により、資産クラスによっては一般的な投信の方が低コストのケースも見られる。例えば、先進国株式ヘッジなしでは信託報酬等(税込)の最安水準が0.10%台まで低下しており、今回対象となった「インデックスファンド海外株式ヘッジなし(DC専用)」は引き下げ後でもまだコストが上回る。

 一方、その他ファンドについては、ETF(上場投資信託)とラップ専用ファンドを除くと、「インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)」は先進国株式ヘッジありの中で、「インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)」は先進国債券ヘッジありの中ではそれぞれ最安となる。また、「インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)」のコストは先進国債券ヘッジなしの中で競合の確定拠出年金専用ファンドと並んで最安となる。

坂本浩明

最終更新:1/23(木) 21:45
モーニングスター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ