ここから本文です

あんこう鍋、一堂に 北茨城で26日、全国から19種類

1/23(木) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

全国各地のあんこう鍋が一堂にそろう食の祭典「全国あんこうサミット」が26日、北茨城市関南町仁井田の市漁業歴史資料館「よう・そろー」で開かれる。北は青森、南は熊本からあんこう鍋19種類が出展。アンコウを使った唐揚げやラーメン、カレー、肝のみそ漬けといった料理が楽しめる。実行委主催。

あんこう料理のおいしさを発信しようと開催され、6回目。今回初めて参加する新潟県糸魚川市の「荒波あんこう汁」や青森県風間浦村の「風間浦鮟鱇(あんこう)鍋」、熊本県天草市の「あんこうチャンポン」などご当地自慢の鍋が、あんこう鍋の一種「どぶ汁」の発祥地である北茨城市に集結する。

このほかさまざまなあんこう料理、焼きカキやホッキ貝などの海鮮、市内外の各種グルメも提供され、計約40のブースが並ぶ。

ステージでは阿見町出身の3姉妹ロックバンド「みならいモンスター」ライブ(午前11時~)、水戸ご当地アイドル(仮)ライブ(同11時40分~)、アンコウのつるし切り(正午~)などが行われる。

あんこうサミットは午前9時半~午後3時。問い合わせは市観光協会(電)0293(43)1111。

茨城新聞社

最終更新:1/23(木) 4:04
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事