ここから本文です

芳根京子、丸山隆平主演「大江戸グレートジャーニー」出演 加藤諒&山本耕史も参加

1/23(木) 17:40配信

cinemacafe.net

お伊勢参りを描く、江戸時代が舞台の丸山隆平(「関ジャニ∞」)主演時代劇ドラマ「大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」に出演する新たなキャストが明らかになった。

【写真】芳根京子、訳ありな美女・沙夜役に

時は天保元年(1830年)おかげ年。かつては伝説の賭博師と呼ばれていた辰五郎(丸山隆平)が深川の賭場で多額の借金を背負ってしまった。ある日、お伊勢講のくじに当たり長屋の代表としてお伊勢参りに出発することに。途中で出会った代参犬(飼い主に代わってお伊勢参りをする犬)・翁丸、奉公先を抜け出してきた少年・三吉、訳ありな美女・沙夜と、ひょんなことから家族のふりをすることになった男の旅物語がはじまる。一方その頃、江戸の暗黒街に知らぬ者はいないと言われる殺し屋で借金取りの菊佐とその駄子分・六助が辰五郎を追う…。

今回明らかになったのは、本作のメインキャストたち。まず、現在公開中の『記憶屋 あなたを忘れない』に出演する芳根京子が、辰五郎と共にお伊勢参りに旅立つすぐに死にたがる訳ありな美女・沙夜役に決定。芳根さんは「沙夜の前半と後半の心情の違いや、ドラマオリジナルの振り切った一面(笑)を楽しみながら、丸山さん演じる辰五郎さんに引っ張ってもらい、汰鷹君演じる三吉、犬の翁丸と一緒にお伊勢参りに行ってきます!」と意気込みを見せた。


また現在、上白石萌音と佐藤健が共演する「恋はつづくよどこまでも」に出演中の山本耕史が、辰五郎を追う江戸一の殺し屋で借金取りの菊佐。「パタリロ!」の加藤諒がその駄子分で菊佐を慕う六助を演じる。

「最初はドスの利いた声の悪っぽい六助が、菊佐と旅する中であんなことやこんなこと…が起き、どんどん変わっていく姿をお楽しみください」とアピールした加藤さんは、「みどころはなんと言っても“アニキ(菊佐)”です!かっこいい殺陣はもちろん、ただお酒を飲む所作にも色気が溢れてしまっています」と明かす。

そんなアニキを演じる山本さんは「敵役・菊佐という面白い形で参加が出来て光栄です。そして、菊佐の子分・六助に加藤さんのチャーミングさが本当にぴったりですよね!彼がいてくれることで菊佐の威圧的なキャラクターがより際立ちますし、絶妙なバランスの二人の関係も楽しくご覧いただけると思います」と語り、「WOWOWでしか見ることの出来ない貴重な時代劇になると思いますので、肩の力を抜いて僕らの珍道中をお楽しみください」と呼びかけた。

なお、奉公先を抜け出してきた大人びた少年・三吉役は、子役の斎藤汰鷹。「三吉を演じられてすごく嬉しいので、最後まで全力で演じようと思います。それに、沢山の人が協力してくれているので、その人たちのためにも『すごい!』と言ってもらえる演技をしたいです」と意気込みを語っている。

連続ドラマW「大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」は2020年WOWOWにて放送予定。

最終更新:1/23(木) 17:40
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ