ここから本文です

三浦翔平演じる謎の男に「やっぱりヤバイ」…恐怖の反応続出「アライブ」3話

1/23(木) 23:30配信

cinemacafe.net

松下奈緒、木村佳乃が共演。薬物療法を専門にがん治療に取り組む“腫瘍内科”を舞台にした「アライブ がん専門医のカルテ」の3話が1月23日放送。今回から登場した関河隆一の“素性”と三浦翔平の演技に「悪いニオイぷんぷん」「やっぱりヤバイ」などの声が上がっている。

【写真】「アライブ がん専門医のカルテ」第3話

日本のドラマで初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当てた新たな医療ドラマとなる本作。横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医で、夫の匠が事故で意識不明となっている恩田心に松下さん。匠の手術を担当した際、意識不明にしてしまった罪の意識から心に近づく梶山薫に木村さん。

薫の元上司で匠の手術を薫に引継いだ須藤進に田辺誠一。3か月前の事故後、意識不明となっている心の夫・匠に中村俊介。心の義父・京太郎に北大路欣也。2年目の研修医で外科医志望の結城涼に清原翔。結城と同じく2年目の研修医・夏樹奈海に岡崎紗絵。心の同僚の腫瘍内科医・光野守男に藤井隆。心たちが勤める腫瘍内科の部長・阿久津晃に木下ほうか。心が担当している全身がんの患者・高坂民代に高畑淳子。そして今回から登場する本作のキーパーソン・関河隆一に三浦さんといったキャストが顔を揃える。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
3話は匠の容体が急変、薫と共に病室に駆けつけた心は京太郎と漣(桑名愛斗)と共に、担当医の進から状況の説明を受ける。横浜みなと総合病院でも、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。腫瘍内科で陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われ、緩和医療の切り替えについて結城や夏樹の意見も割れる。


一方、薫はジムで隆一とジムで出会う。その後も偶然再会し言葉を交わすが、隆一は薫について何かを調べている様子で、さらに薫は匠の手術の際の記憶がフラッシュバックするようになっていた。そしてついに匠の心臓が停止する…という展開。


偶然のように見えた薫と隆一の出会いだが、隆一のパソコンには薫が以前勤務していた関東医大という名のフォルダが。謎めいた表情を見せる隆一を演じる三浦さんに「医療ジャーナリストかなんか?ただの週刊誌の記者?」「週刊誌にでも載せる気か」など、その素性を予想するツイートが投稿されていく。

また「悪いニオイぷんぷんする」「やっぱりヤバイ三浦翔平」「奪い愛の伝説を超えられるかな…??」など過去の出演作を連想する視聴者からの声もSNSに寄せられている。

最終更新:1/24(金) 7:05
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ