ここから本文です

TOMORROW X TOGETHER、日本デビューシングル「MAGIC HOUR」発売記念アンコールイベントが大盛況

1/23(木) 21:44配信

エムオンプレス

■「今日皆さんに会ってとてもうれしかったです。来てくださって本当にありがとうございます」(TOMORROW X TOGETHER)
韓国の5人組グループ、TOMORROW X TOGETHERが本日1月23日、日本デビューシングル「MAGIC HOUR」の発売記念アンコールイベントを東京・池袋サンシャインシティアルパ噴水広場で開催。2000人の観客が見守る中、 「9と4分の3番線で君を待つ(Run Away) [Japanese Ver.]」を披露し、会場を大いに盛り上げた。

【動画】「9と4分の3番線で君を待つ(Run Away) [Japanese Ver.]」MV

パフォーマンス前には、ミュージックビデオを観ながらトークを繰り広げたTOMORROW X TOGETHER。

「ある日、頭からツノが生えた(CROWN)」についてSOOBINは「洗練されたサウンドと感覚的な歌詞が魅力の曲です。また、頭から角が生えたっていう歌詞をそのまま表現したポイントダンスが特徴です」と紹介。「ダンスで息を合わせるのは大変なのではないですか?」という質問にBEOMGYUは「大丈夫です! たっくさん練習しています」と胸を張った。

続いて「Angel Or Devil」のミュージックビデオが流され、HUENINGKAIは「天使と悪魔のふたりの声が私の頭の中で絶え間なく戦いを繰り広げている。振り付けにも、そういった表現が入っています」と解説。

そして、「9と4分の3番線で君を待つ(Run Away) [Japanese Ver.]」のミュージックビデオを観ながらTAEHYUNは「韓国初の正規アルバム『Run Away』の日本語バージョンで、洗練されたメロディと独特な歌詞が印象的な曲です」とコメント。YEONJUNはこの曲の振り付けについて「5人の息がピッタリ合ったところがカッコイイです! ぜひ注目してください!」とアピールした。

最後の挨拶では「今日皆さんに会ってとてもうれしかったです。来てくださって本当にありがとうございます。5人で頑張っていきます! これからも応援よろしくお願いします」と笑顔で語り、会場を後にした。

SOOBIN、YEONJUN、BEOMGYU、TAEHYUN、HUENINGKAIの5人のメンバーで構成されるTOMORROW X TOGETHERは、2019年3月4日に韓国においてデビューアルバム『The Dream Chapter: STAR』を発売。3月18日付および3月25日付オリコン週間輸入盤アルバムランキングで2週連続1位を獲得し、大きな注目を集めた。さらに、『2019 MGMA』をはじめ、『第9回GAONCHART MUSIC AWARDS』など昨年の韓国の新人賞を総なめに。

海外では、全世界44の国と地域のiTunesトップアルバムチャート1位を獲得、韓国デビューアルバムのリード曲「CROWN」のミュージックビデオの再生回数が公開13時間で1000万回を突破するなど、昨年デビューした韓国の新人のなかで様々な最高記録を打ち立てた。

そして、1月15日にシングル「MAGIC HOUR」で待望の日本デビュー。同作は、1月27日付のオリコン週間ランキングで2位、LINE MUSICソングTOP100ウィークリーランキング(集計期間:1月15日~1月21日)で1位を獲得。

また、ファッション雑誌『non-no』3月号特別版で早くも日本初表紙を飾るなど、その活躍に期待が寄せられている。なお、明日24日放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演することも決定している。こちらも要チェックだ。

リリース情報
2020.01.15 ON SALE
SINGLE「MAGIC HOUR」

TOMORROW X TOGETHER 日本公式サイト
https://txt-official.jp/

最終更新:1/23(木) 23:18
エムオンプレス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事