ここから本文です

大泉洋&小池栄子、互いに「グッドバイ」 息ぴったりの切り返し

1/23(木) 21:00配信

シネマトゥデイ

 俳優の大泉洋と小池栄子が23日、都内で行われた映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』(2月14日公開)完成披露試写会に登壇。互いにプロモーション活動中の不満を訴えると、「グッドバイ」したいと切望。息の合った切り返しから抜群の相性をうかがわせた。この日は、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督も来場した。

【動画】イベントの様子

 本作は、太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが戯曲化した舞台の映画化。戦後の混乱から復興へ向かう昭和を舞台に、優柔不断な性格から愛人たちと別れられない雑誌編集長・田島(大泉)が、彼女たちと手を切るため、担ぎ屋・キヌ子(小池)に女房を演じてほしいと依頼したことから巻き起こる騒動を描く。

 タイトルにちなんで「グッドバイしたいこと」を尋ねられた小池は、プロモーション活動でバラエティ番組に出演する機会が多い中で感じたこととして、「楽しくやらせていただいたんですが、大泉さんと(収録後)グッドバイしたあと、すごく安らかな気持ちになる」と衝撃告白で会場の笑いをさらった。続けて「楽しいから力んじゃって、いつも以上にエンジンをかけているんでしょうね」と理由を説明すると、大泉は「お互い様です」と切り返し、「くそカロリー高い」と嘆いた。

 小池はモノマネなどの無茶ぶりをしてくるそうで、大泉は「(始まって)ノータイムでマイケル(・ジャクソン)だったからな」と、ある日の収録の様子を明かした。しかし小池は悪びれることなく、「(モノマネを)ふってるんだよね。ショートバージョンで」と笑顔で要求。断り切れない状況に追い込まれ、渋々マイケルのモノマネを披露する大泉は、出来がイマイチながら報道陣から一斉にシャッターが切られると、「やめてもらっていいですか。厳しいわ……。ホント嫌だわ、おまえ。グッドバイしたいです!」と心からの思いを吐き出した。

 散々な目に遭った大泉だが、撮影中の印象は上々。初共演の緒川が「声の大きい方という印象を持っていたんですが、田島を演じてらっしゃるときはすごく小さな声でエレガントで、セクシーで、術にハマっちゃうな……という感じはありました。ずるい」と話して大泉をデレデレさせると、木村も「ダメさが母性本能をくすぐって魅力的という意味では、この役は大泉洋ちゃんのダメなところというか、人間臭いところがだだもれしていて魅力的」とべた褒めした。

 小池も、大泉の人間性に惹かれており「大泉洋さんを嫌いという人を聞いたことがないです。その人間としての豊かさ、チャーミングさが田島に注入されていて、どのシーンを観ても愛おしく感じる。これなら女性が惚れることに納得させられました」としみじみと語っていた。(取材:錦怜那)

最終更新:1/23(木) 23:02
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事