ここから本文です

Android版Google検索にAIが履歴をまとめてくれる「コレクション」機能

1/23(木) 11:55配信

ITmedia Mobile

 米Googleは1月22日(現地時間)、Android版「Google」アプリおよびChromeでのGoogle検索の新機能「コレクション」を発表した。GoogleアプリあるいはChromeで検索した履歴に基づいて、AIがユーザーに必要そうなURLをグループ化して保存する。

米国で先行する機能

 Googleアプリの画面下のタブに「コレクション」が加わった。これをタップすると、「マイコレクション」画面になり「行ってみたい」「わたしの好きな場所」「マイレシピ」「お気に入りのページ」などのカードが表示される。たとえば「行ってみたい」をタップすると、過去に検索した場所のWebサイトがカード状に並び、それぞれをタップするとGoogleマップに飛ぶ。

 「マイレシピ」に頻繁に検索するレシピが表示されると便利そうだが、筆者が試した範囲では、同じアカウントで他の端末(PCなど)で検索した結果は反映されていないようだ。コレクションのカードは自分で新規に追加したり、不要なカードは削除することもできる。

 コレクションは他のユーザーと共有することもできる。Googleは便利な使い方の例としてパーティーの計画中、レシピや装飾のアイデアを共有するケースを紹介した。

 米国で先行する機能として、コレクション内に「Find more」(さらに検索)タブも追加される見込み。これをタップすると、ユーザーの検索履歴に基づいて関連性の高いカードが表示されるようになる。

ITmedia Mobile

最終更新:1/23(木) 11:55
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事